Blog活動ブログ

【10/25おいしい!野菜チャレンジ】みんなで最高のオリジナルジュースを作ろう!

こんにちは!学生インターンの徳永です。

10月25日、カゴメ様との連携プロジェクト「おいしい!野菜チャレンジ」を、足立区立弘道第一小学校にお届けしてまいりました。近づいていた台風も吹き飛ばすような元気のいい2年生59名が参加してくれました。今回は、その様子をお届けしていきます!

「おいしい!野菜チャレンジ」は、野菜を好きになるきっかけをつくる食育プログラムです。野菜を実際に見る、触る、そして良さを知り味わう体験を通して、野菜と仲良くなることを目的としています。

さっそくプログラムスタートです。みんな最初から大きな声であいさつをし、話を聞く姿勢も素晴らしかったです。

まず、「みんな、野菜好き?」と先生からの質問があると、多くの子どもたちが「好き!」と答えており、学校の給食や家庭で野菜に親しんでいる様子でした。クラス内でオクラも育てていたそうです!

「昨日、どんな野菜を食べたかな?」という質問には、「トマト!」「サニーレタス!」など、いろいろな野菜を挙げてくれました。

箱の中に入っている野菜を”2秒”触るだけで当てるというゲームでは、「わかったー!!」という声や、「なんだろう…」と悩む声があったり、箱の中に入れ終わった手の匂いで当てようとしている子がいたりと、一生懸命考えながらも、盛り上がりました!

難しい”カブ”を当てた子もいて、驚きました!

さらに、野菜にまつわる知識クイズに2つ挑戦!

大人でもちょっと考え込むような質問ですが、中には正解している子どもたちも。野菜先生がとても分かりやすく解説してくださいました!

次は、黄色、オレンジ、むらさきの“ジュースのもと”を飲んで、どんな野菜が入っているかを考えていきます。

「にんじんが絶対入ってる!」、「うーん、野菜だけじゃなくてブトウとか果物の味もする」とみんな匂いを嗅いだり、目を閉じてじっくり味わったり、色を確かめたりして、真剣に考えます。

そして正解発表!みんなの予想以上の野菜の種類の多さに、「えー!そんなに?!」とビックリ。

どの種類もたくさんの野菜と果物が入っているけど、ジュースのもとによって入ってるものが違うことにも気付きました!野菜ジュースには、たくさんの野菜が使われていることが分かりました。

さて、いよいよ、オリジナルジュースづくりの時間です!

黄色、オレンジ、むらさきのジュースのもとに、トマト、にんじん、パイナップル、ぶどうのジュースを自由に配合して、最高のジュースづくりに挑戦します。

少しずつ入れてかき混ぜて、味見して…。みんなで相談しながら、調合していきます。

「うーん、トマトの味が強いな」「これめっちゃおいしい!」「ブドウもっと入れよう!」

楽しみながらも、真剣です。

完成したら、「元気いっぱい野菜ジュース」「パイなポーにんじんジュース」「ニントパジュース」など、味やこだわった部分を表現できるジュースの名前をみんなで考えます。

そして、他のグループのジュースを試飲し、おいしいと思ったジュースに投票します。「どれも美味しくて迷っちゃうね!」と野菜が苦手な子も、頑張ってチャレンジしてくれました。

いよいよ結果発表です。優勝したチームは、みんなガッツポーズで大喜び!

最後は、認定書とカゴメ様からのジュースのお土産をもらいました。

「超々楽しかった!」「野菜のことをたくさん知れた」「また来てほしい」と、子どもたちから嬉しい感想も。今日のプログラムをきっかけにさらに野菜に興味を持ってくれればと思います。

足立区立弘道第一小学校の皆様、参加してくれた子どもたち、そしてカゴメ様、ありがとうございました!

------------------
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitter等でも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool
Instgram:#houkagonpo
-----------------

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事