Blog活動ブログ

【10/28おいしい!野菜チャレンジ】「これから野菜を楽しみながら食べたい!」野菜と仲良くなれるジュース作りに挑戦!

10月28日(月)、カゴメ様との連携プロジェクト「おいしい!野菜チャレンジ」を千葉県尾崎小学校にて実施いたしました。すっきりとした秋晴れの中、元気な4年1組の29名のみなさんと4年2組の31名のみなさんが参加してくれました。

「おいしい!野菜チャレンジ」は、野菜好きになるきっかけをつくる食育プログラムです。さわる・見る・かぐ・知る・味わうを体験し、野菜と仲良くなることを目的としています。

今日は野菜と仲良くなって、ジュースの開発をすると聞いて子どもたちは「開発!?」「すごい!」とワクワク!!

まず、「どんな野菜が好き?」という質問には、「きゅうり!」「ピーマン!」「スイカ!」と

たくさんの手が上がりました!みんな普段から野菜と仲良くしている様子。

でも中には、「野菜ニガテなんだよなぁ」という子も。今日はチャレンジできるかな!?

野菜当てクイズでは、箱に入った野菜を触って当ててもらいます。

「あ~!これはカンタン!」「ん?あれ?これはなんだ…?」と子どもたちの夢中になっている声であふれます。


箱には、秋の旬野菜3種類が入っていたのですが、ある野菜にみんなびっくり!

「えっ!これ秋の野菜だったんだ!」と新しい発見になりました。

次は、“ジュースのもと”を味見しながら、どんな野菜が入っているのかを想像します。

「ん~これ甘い気がするけどなんだろう?」
「野菜ジュース飲んだことあるけど、あんまり考えてなかったなぁ」
「玉ねぎは絶対入っているよ!!」

と、少しずつ味わって飲んだり、においをかいでみたり、色を見て考えたり…。

黙々と考えている子もいれば、お友達と話し合っている子もいればとみんな自分なりに答えを出していきました。

でもみんなの予想以上にたくさんの野菜が入っていたことがわかると、「えー!!」「うそ、多い!」とあちこちから驚きの声が!

聞いたことがない野菜もあり、先生に「どんな野菜ですか?」と質問してくれる子もいました。

さぁ、いよいよみんなのお待ちかね!最強のジュース作りのスタートです!

オレンジ・黄色・紫の3種類の“ジュースのもと”に“トマト・ニンジン・パイナップル・ぶどう”のジュースを配合して、班それぞれの最強のジュースを作っていきます。

においや味、色の変化を見ながら、少しずつ配合していきます。

配合して、味見してを繰り返すみんなは、わくわくした表情でとても楽しそう!!

「あ、ちょっとすっぱい」
「じゃあ、ニンジン入れてみる?」
「う~ん、もうすこしトマトを入れた方がいいんじゃない?」
「あ、やっときた!これでおいしくなった!」
「これはやみつきになっちゃうよ!」
「なにこれ、おいしすぎ!!」

と、班のみんなで話し合いながら、最強ジュースがどんどんできあがっていきます。

野菜が苦手だと言っていた子も、「これはおいしい!」と味見が止まりません。

「子ども用最強ワイン」や「なぞジュース」など、おいしそうで、お友達に飲んでもらえるような名前を考えました。「このジュースなら絶対みんなおいしいって言うよ!」とみんな自信満々!

班ごとに、ジュースの名前とポイントを発表して、ジュースのアピールタイムです!

そして、お友達の班のジュースを試飲に行き、おいしいと思ったジュースに投票します。

「ここのジュース、高級っぽい!」
「おっ!スッキリ~」
「うーん、どうしよう。迷う!」

みんな真剣に考えて、投票用紙をボックスに入れていきます。

いよいよ1位の発表です。ドキドキの瞬間…!

今回の最強のジュースは、「まぜまぜうるとらジュース」と「こだわり最強ジュース」に決定!

班のみんな、ガッツポーズでとても嬉しそう!!

どの班も、メンバー同士で話し合い、野菜と仲良くなることができました。最後に、班長さんが代表して、認定書をもらいました。

プログラム終了後には、「自分だけのジュースを作れて楽しかった」「もっと飲みたかった~」「他の班のジュースも飲めておいしかった」「これから野菜を楽しみながら食べたいです!」といった声がたくさん聞くことができました。

「家に帰ったらすぐ野菜ジュース飲みたいな」と言いながら教室に帰っていく子もいました。

尾崎小学校の皆様、参加してくれた子どもたち、そしてカゴメ様、ありがとうございました!

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事