Blog活動ブログ

【3拠点合同】「世界お仕事アドベンチャー」にチャレンジ!

こんにちは!帝京大学小学校アフタースクールの安田です!

先月、3校のアフタースクールが合同で「世界お仕事アドベンチャー」にチャレンジしました!
(参加校:帝京大学小学校アフタースクール、トキワ松学園アフタースクール、聖心女子学院初等科ジョアニークラブ)

次世代リーダー育成をミッションに、世界中で実践機会を提供しているタイガーモブ株式会社様と連携して、小学生向けインターン体験「世界お仕事アドベンチャー」を実施しました!

今回取り組んだテーマは、鳥取県にある動物園、真教寺公園からの依頼で「コロナで人が減った動物園をどうオンライン化すればよいか」というものです。小学3年生以上対象のオンラインのプログラムとして、計4回、以下の流れで実施しました。

▼プログラム(全4回)の流れ
第1回目:キックオフミーティング
第2回目:動物園との作戦会議(中間発表)
第3回目:アイディアを深める
第4回目:動物園に最終プレゼン!

中間発表では、
「動物のマスクを配布し宣伝をする」
「飼育員さんの1日を動画配信」
「1番人気の動物のマスコットを作成しお土産として販売する」

など、子どもならではの柔軟な発想がたくさん出ました。


-当日子どもたちから出たアイディアの数々

第3回目では、動物園の職員さんからいただいたフィードバック「お金をかけず、時間がなくても取り組める内容で、より多くの人に広めるにはどうしたら良いか」を踏まえて再度アイディアを深めることになりました。

そうして各グループでアイディアを深め、第4回目の最終プレゼンでは、

①動物園の職員さんに、オリジナルの動物折り紙を折ってもらいSNSで配信
②真教寺動物新聞をインターネットで配信(書く人もSNSで募集、来てくれたお客さんや飼育員さんにも書いてもらう)
③SNSで真教寺公園の動物癒され動画や写真を募集したり、真教寺公園のキャラクターを募集し、いいね!が多い絵をマスコットキャラクターにする

の3つにまとまりました。

上記のうち、いくつかは実際に取り組んでくださることになりました!

テーマに対し、お友達とアイディアを出し合い深め、実際に企業に提案する経験を通して視野が広がり、可能性が広がる瞬間の経験ができたかなと思います。今回のような経験が、「自分にも社会を変えられる」という自信に繋がり、自己肯定感の向上につながるのではないでしょうか。子どもたちのアイディア、可能性は無限大!今後もアフタースクールでは、子どもたち自身がアウトプットのできる機会をたくさん提供していけたらと思っています。

Recently最新の記事