Newsお知らせ

ICT担当がロボット赤ちゃんを出産!?UiPath、Cogent Labsのご支援により楽しく課題解決!

学校施設を活用し、地域と共に子どもを育てる放課後の居場所を日本全国につくることを目指す放課後NPOアフタースクールは、UiPath株式会社と株式会社Cogent Labsのプロボノ支援により、紙帳票を扱う業務の自動化を達成。事務の負担が大きい放課後現場において非常に大きな一歩であったと共に、業界全体の改革につながる希望をもいただきました。
ご支援いただきました2社に心より感謝申し上げます。

私たちは自ら運営している放課後の居場所「アフタースクール」利用児童の入会登録等にシステムを活用しています。しかし、入会時の手続きとして発生する口座振替登録業務はこれまで手作業で行っており、手書きの振替用紙を職員が手入力するためミスが起きやすく、さらに仕事が増えてしまう状況が生まれていました。長年の悩みを解決してくださったのが今回のご支援です。

ここからは私たちがこの大変な道のりを乗り越えられた秘訣とも言える実際のやりとりをご紹介します!       

■現場の悩みを「みんなで楽しく」解決!
専門性が高く、地道なトライアンドエラーをひたすら繰り返していくロボット(RPA)開発。
今回それが喜びに変わったのは、関わった人たちが状況を面白がりながら前進し、自分の好きを通して誰かの役に立つことを大切にしていたのが大きな要因だったように思います。

当団体事務所にて/開発支援の様子

■開発が進むにつれロボットに愛着が湧き、いつしか”我が子”と感じるように
遊び心のあるスタッフが集まる放課後NPOアフタースクールで、今回の開発プロジェクトにおけるプロボノチームリーダーを担ってくださったのがUiPath株式会社の隈元大樹さん。
今回ご支援いただいたRPAという技術は、「ロボット」といっても物理的にロボットとしての顔や体があるわけではなく、パソコンの中で動くロボットです。団体のシステム担当メンバー以外、最初はどんなロボットが完成するのかイメージが湧きにくかったものの、担当の林下から話を聞くうち、いつしかロボットの完成を”赤ちゃんの出産”と呼ぶように。林下は団体初のロボットの母として大きな期待と希望を胸に作業を進めていました。ノリの良い隈元さんはお産を応援してくれる産科医に。
「先生、予定日はいつですか?」「いや、ちょっと難産で・・・もう少しかかります」「最近赤ちゃんの調子はどう?産育休とってゆっくりしてもいいんだよ」など本当に妊娠しているかのような会話が日常的になりました。

生まれてくるロボットの赤ちゃんのために、母子健康手帳へ記名

■自分のために、誰かのために、楽しいから頑張れる
「アフタースクール」では大学生〜シニアの方まで様々なスタッフが働いています。パソコンやシステムが苦手な方も多く、事務局のシステム担当チームへはサポート依頼も多く届きます。新しいシステムの開発導入と日々の対応、なかなか他のスタッフに代わることができない分野を担う人々とってモチベーションになるものとは何か。その答えは、ある日の隈元さんと林下との会話の中に見つけたように思います。

▼出産間近の先生(隈元さん)と母(林下)のやりとり
隈元さん「社内で(今回のプロボノ)募集が出た時に、前々から興味があったので手をあげました。最初は何をやるかも決まってなかったので、煩雑な業務をお伺いしながら今回生まれてくるロボットにつながっていきましたね。僕はセールス支援の業務をやっていたので製品をつくる機会が意外となくて、細かく触れることがありませんでした。大学は文系だったのですが、1つ目のキャリアでプログラミングの魅力に触れ、今こうして久しぶりに開発ができているので、すごく楽しませてもらっています。林下さんより楽しんでいますよ、ふふふ(笑)」

林下「先生はノッてくると止まらないんで(笑)3時間くらいぶっ通しなこともw」

隈元さん「言ってくれないと気づけないので言ってください(笑)」

林下「いやでも難しいところは嬉々として対応くださって、私もすごく楽しいです。自動化したら、これまでみんなが大変な思いをしていた仕事をしなくても良くなるので、団体にも貢献しているなって。みんなの困りごとがなくなっていくのがモチベーションにもつながっていますね」

■誕生したロボット赤ちゃんは「友愛晴水男」(ゆうあいぱすお)と命名
長い月日をかけて2020年12月に生まれたロボット赤ちゃんはお世話になったUiPathさんにちなんで「友愛晴水男」(ゆうあいぱすお)と代表の平岩により名づけられました。生まれる前から祝福されていたパスオは、誕生後も試行錯誤しながら業務遂行の精度とスピードを上げて日々成長しています。

笑顔はじける林下(左)と隈元さん(右)

■チーム一丸となって達成!〜パスオの双子の妹は手書永愛子〜
今回誕生(完成)したロボットは、Cogent Labs様のAI-OCRソリューション「Tegaki」が紙帳票にある手書き文章を自動で読み取りデータ化し、UiPath様のRPAソリューション「UiPath Automation Cloud™ for Community」を活用して複数のクラウドシステムへデータ登録を行なう仕組みになっています。両社の技術と愛情のこもった寄り添いにより実現した一連のご支援。友愛晴水男と一心同体で私たちを助けてくれる「Tegaki」はユーモアあふれるCogent Labs様により双子の妹認定および手書永愛子(てがきえーあいこ)と名付けられました(笑)

▼永愛子、すでに多方面で大活躍!
口座登録業務のために誕生したパスオですが、実は手書永愛子の噂を聞きつけた他事業部のメンバーがアンケートや応募用紙の読み取り等の業務でもちゃっかり永愛子のお世話になっています。Cogent Labsさんも快くレクチャーしてくださり、今では永愛子なしではお仕事できないほどに!団体全体に業務効率化と楽しさをもたらしてくださいました。

両社によるこの度のあたたかいご支援にお応えできるよう、私たちはますます日本中の子どもたちとその家族のために、より豊かな放課後をつくってまいりたいと思います。
UiPath株式会社の皆様、株式会社Cogent Labsの皆様、本当にありがとうございました!

▼UiPath株式会社、株式会社Cogent Labsによるプレスリリースはこちら
https://www.uipath.com/ja/newsroom/npo-after-school-2021-03-18
https://www.cogent.co.jp/news/cogentlabs-uipath-npoafterschool-operations-automation-csr/

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

お知らせTOPへ