Blog活動ブログ

【Salesforce × LDH JAPAN × 放課後NPOアフタースクール】約300名の子どもたちがダンスでつながった夏!

2021年夏、全国16カ所のアフタースクールでとびきりのプロジェクトが行われました。株式会社セールスフォース・ドットコム様、株式会社LDH JAPAN様のご協力により実現した「みんなでつながろう!HELLO!HALO!プロジェクト」です。

「みんなでつながろう!HELLO!HALO!プロジェクト」について
Salesforce Live: Japanで発表された社会貢献の取り組みとして、株式会社セールスフォース・ドットコム、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール、株式会社LDH JAPANの協働で、STEAM教育※の一環として、ダンスワークショップ「みんなでつながろう!HELLO!HALO!プロジェクト」を開催。
ワークショップでは株式会社LDH JAPAN所属アーティストの方が講師を担当、放課後NPOアフタースクールの全国16拠点から子どもたちがオンラインでダンスレッスンに参加。株式会社セールスフォース・ドットコムの社員は、オンライン・対面でのダンスサポートおよび、Salesforceを活用したオンラインコミュニティ「放課後STEAM」上で株式会社LDH JAPANと一緒に子どもたちの表現活動をバーチャルに応援。
※STEAM(スティーム)教育:科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術(Art)、数学(Mathematics)の分野を統合した理数系教育のこと。今回は特にArt分野における、子どもたちの支援に取り組む。



ダンスは楽しい!

まずは、7月28日、8月3日の2日間かけて全拠点1回ずつレッスンを開催しました。各回ともLDH JAPANに所属するアーティストの方々がオンラインで「HELLO!HALO!」ダンスを教えてくださったのですが、憧れのアーティスト登場に子どもたちは大盛り上がり!
ダンスレッスンはとても丁寧に、そして楽しく子どもたちに教えてくださいました。初心者の子も多くいましたが、自由に体を動かして楽しむことが大事という空気を常につくってくださり、だれもが踊ることを好きになれた時間でした。



「好き」は頑張る力になる

初回レッスンの後は、夏休みを使ってそれぞれの放課後現場やお家で練習を重ねた子どもたち。"練習の成果をアーティストの皆さんに見せたい""他の学校の子とみんなでもっと楽しく踊りたい"リズムに子どもたちの想いも刻まれていきました。

今回のダンスワークショップは、ただダンスを教わるだけでなく、アーティストの皆さんと子どもたちの交流時間もできるだけたくさんつくっていただいたのですが、子どもたちへの質問もたくさんしてくださいました。なかでも「好きなことはある?」「将来どんなことがしたい?」とたくさん聞いてくださり、子どもたちも緊張しながら自分の好きなことや夢を話すと、愛情たっぷりのメッセージで応援してくれました。自分の好きなことや未来を真正面から応援してくれる人がいる。子どもたちの心ごと包み込んでくださいました。

また、交流会までのアフタースクールでの練習の様子は、クローズドのコミュニティサイト「STEAMラボ」で共有し、Salesforce社員の皆様が子どもたちへ感想やコメントなどを寄せてくださいました。子どもたちもいただいたコメントに返信をしたりと、WEB上でも交流を楽しめて、各地一層モチベーションを高めていきました!


つながる心〜Hello and hello〜

8月24日、それぞれの練習の集大成としてみんなでつながってダンスを楽しむ交流会当日!冒頭に少し「HELLO!HALO!」ダンスのおさらいをして、この日もお話の時間をつくりながら楽しく開催しました。


◆子どもたちとアーティストの皆さんとのやりとりを一部ご紹介
兵庫県の小学生:友達はどうやってつくるんですか?
メンディーさん:相手のことを知りたいなって思って色々聞いたりするうちに仲良くなっていくよ。友達になりたい時はまずは相手に興味を持つのが大事だね
ÜSAさん:僕らはみんなダンスが好きだから友達になったのかもしれないね

東京都の小学生:けんかしたことはありますか?
ÜSAさん:意見がわかれることはあるよ。みんなはけんかする?
東京都の小学生:あります
ÜSAさん:どうやって仲直りするの?
東京都の小学生:『ごめんね』って言うの
一同:間違いない!大人になると言えなくなる時もあるからね。ごめんねって気持ちを大事にしてほしいな

交流タイムの後、実は子どもたちからアーティストの皆さんにサプライズがありました!
今回踊っている「HELLO!HALO!」はショートバージョンですが、なんと夏休みにフルバージョンを覚えて披露したいと申し出てくれた学校があったのです!他の学校の子たちも踊れるところで元気に参加!アーティストの皆さんはあたたかく見守ってくださり、子どもたちへ拍手を送ってくださいました。みんなの心がまた強くつながりました。


今日からダンス仲間だ

楽しい時間はあっという間です。最後は参加した全員で思い切り「HELLO!HALO!」を踊りました。子どもたちはかっこよく、間違えても楽しそうに、みんな清々しい顔をして踊りました。



そして、最後に子どもたちに向けてÜSAさんがこんなメッセージをくださいました。

「みんなとお話したり、ダンスでつながれて楽しかったです!全国にダンス仲間が増えてうれしかった!みんなは一人一人素敵な個性を持っています。心がワクワクすることを、これからたくさん探して、好きなことを見つけて、またみんなで一緒に躍りましょうね!」

プロジェクトの参加人数はのべ299名。子どもも大人も好きなことでつながって、こんなに仲間が増えました。この夏、何度も私たちを嬉しい気持ちで満たしてくれた「HELLO ! HALO !」の歌詞も今はまたさらに、力強くみんなに勇気をくれます。

きみの名前教えてよ
今からともだちだよ
天然色の世界においで

きみが思うよりきみはもっと
晴れ晴れして強い人だよ
踏みしめている大地のようです
ハローハローハ

「HELLO!HALO!」歌詞より

子どもたちに「HELLO! HALO!」ダンスを教えてくれた皆様!
EXILE ÜSAさん、EXILE TETSUYAさん、白濱 亜嵐さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、数原龍友さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、小森 隼さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、佐野玲於さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、関口メンディーさん(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中務 裕太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)

かけがえのない時間を本当にありがとうございました!
1年半以上、感染症の影響で子どもたちはたくさんのことを我慢しています。諦めたこともたくさんあります。(本交流会も参加が叶わなかった拠点もありました)
それでも今できることを全員が頑張って、楽しむことを諦めずに取り組んだ結果がみんなの笑顔だったと思います。みんなの心がつながった本当に素敵な時間でした。

この素晴らしい機会をつくってくださったアーティストの皆様、Salesforce様、LDH JAPAN様に心からの感謝を込めて。
本当にありがとうございました!


最後に〜心躍る日々はこれからも〜

本番までの数ヶ月、Salesforce、LDH JAPAN、放課後NPOアフタースクールの3社で毎週ミーティングを重ねてきました。緊急事態宣言下に安全にプログラムを行うこと、通信環境によって楽しみが減らないよう最大限現場のバックアップをすること、子どもたちのために最高に楽しい時間を常に考え、最後まで努力すること。
私たちはたくさんの時間をご一緒して前へ進んできました。
交流会後、振り返りのミーティングの際にLDH JAPANのスタッフの方がこんなことをおっしゃってくださいました。

「ÜSAが最後に『今日からダンス仲間だよ』と言ってくれましたが、あの言葉にメンバーみんなの想いが詰まっていたと思います。今回のイベントで出会って、全国にダンス仲間が増え、いつか子どもたちが大人になったときに『あの時のダンス仲間です』と言ってメンバーに再会してくれたら嬉しいです」

私たちはダンス仲間!
素敵な皆様とのご縁を大切に未来へと運び、私たちはこれからも心躍る日々を子どもたちと、みなさんと、つくっていきたいと思います。

本プロジェクトに関わるすべての皆様、本当にありがとうございました!

文・広報/すずきかおり

Recently最新の記事