Blog活動ブログ

【感動体験プログラム】こんなにもAIって人間に近いんだ!「aiboといっしょにAI+プログラミング体験」

企業協働

こんにちは!インターンの岸原です。

7 月下旬から 8 月上旬までの約 3 週間、兵庫県神戸市の愛垂児童館において、ソニーグループの感動体験プログラム「aibo といっしょに AI(人工知能)+プログラミング体験」を実施。オンラインプログラムには 14 名の子どもたちが参加しました。
愛垂児童館に aibo が仲間入りして放課後を一緒に過ごしたことで、子どもたちも現地スタッフの方々も AI の不思議を感じてくれたようです!

▽「感動体験プログラム」について  
▽「aibo」について
▽「aiboといっしょにAI+プログラミング体験」について

既にプログラムの数日前から何人もの子どもたちが aibo と触れ合ってくれていたようで、頭や背中をなでたり、「お手」をしたりと aibo と沢山遊んでくれていました!
プログラム初回は、aibo に触れながら AI の不思議を体験しました。aibo に備わっているセンサーや AI についても解説していきます。実際に子どもたちが「aibo、ハイタッチ!」と声をかけると aibo が愛らしい顔でハイタッチをしてくれます。子どもも大人も aibo のハイタッチ姿を見て「お〜〜!」と拍手が湧き起こり大喜び!aibo の機能についても少しずつ理解が進んだようです。

2 回目のワークショップでは、プログラミング体験と aibo 開発チームの方々とオンラインQ&Aセッションを行いました。
Q&A セッションでは、なぜ aibo が犬型なのか、aibo の中身はどうなっているのか、などの子ども達ならではの質問に答えてもらいました!数ある質問の回答の中で特に印象的だったと感想が多かったのは「aibo が犬型なのは人間の一番の古き友達が犬だったから」。その回答に子どもたちは「知らなかった!」と興味津々でした!

プログラミング体験では、指示通り aibo が動くと子どもたちは手を叩いて喜び aibo を褒めていました!

3 週間を通して、仲間と優しい気持ちで接することが出来たり、普段静かな子どもが aibo の触れ合いを通じて友達とたくさん関わっている様子がみれたりと、普段の放課後が優しい雰囲気に包まれていました。

aibo との触れ合いを通して、子どもたちは AI の可能性についても感じてくれたことと思います。
今回参加してくれた子どもたち、スタッフの皆様、ありがとうございました!

------------------------------------------------------------------------------------
実施場所 / 神戸市立愛垂児童館 兵庫県神戸市
実施日時 / 2021 年 7 月下旬~8 月上旬
参加者数 / 小学生 14 名
文:学生インターン 岸原

Recently最新の記事