Blog活動ブログ

【STEAM教育】プログラミングの旅in海蔵小学校

こんにちは!学生インターンの鷺谷です。 

2020年11月30日(月)12月1日(火)に、世界最大の半導体製造装置メーカーアプライド マテリアル 日本の社員のみなさ一緒に、三重県四日市市海蔵小学校6年生の子どもたちにオンラインで「プログラミングの旅」をお届けしました。 

「プログラミングの旅」は、子どもたちにプログラミングの考え方や楽しさをタブレット端末を使った実践を交えながら体験してもらうプログラムです。 

 

▽「プログラミングの旅」について 

 

子どもたちは、3つのミッションを通して 「プログラミング」を学ぶ旅に出ます!

 

1つ目に、依頼されたセーターに合う条件を選択するミッションから「必要な命令だけを行う」ことを学びました。 

 

2つ給食ロボットに正しい順番を命令するミッションでは「分解して正しく並べる」「作りながらなおす」」ということを学びました。 

 

最後のミッションでは、お客さんの要望を聞いてホットドックを作りましたバラバラで複雑なお客さんの注文を整理し、分解して正しく並べるレシピの過程プログラミングそのものだとわかりました 

 

プログラミングに大切な考え方を学んだところで、プログラミングを使って、身の回り生活で役立つものを自由に考えます 

 

今回はその中から2つのアイディアを紹介します 

はじめに発表してくれたのはまばたきを3回したら写真が撮れるコンタクト』ですこれがあれば、きれいな景色を手軽に残すことが出来る!という素敵なアイディアです。「すごいくいいね!」という声が上がり、聞いているこちらもわくわくしました! 

 

続いてのアイディアは『季節によって風量や風音が変わる扇風機』です。これがあれば寝るときに快適になると発表してくれました 

どんなプログラミングしたら実現できるかな?」と質問したところ、 

外と室内の温度を測るプログラミングが必要だと思う。それに合わせ選択して、実行するプログラミング」と今日学んだことを活かして、細部まで考えてくれました! 

 

他にも『宿題の分からないところを質問できるロボット』思い描いた家を自動で作ってくれるプログラミング』『判断力をサポートしてくれるマイクロチップ』などの素敵なアイディアを発表してくれました! 

 

 

社員先生からは「近い将来出来そうな斬新でびっくりするアイディアでした。プログラミングをするうえで気を付けたいことは、沢山の人の意見を聞いて、自分の意見と融合させること。そうすることでみんなにとって便利なものを作ることが出来ます」というお話がありました 

 

「プログラミングの旅」を終えた子どもたちからは 

プログラミングが身の周りに大量にあって、今日聞いたこと以外にはどんな物があるか知りたくなりました。 

プログラミングは楽しいことにも生活に役立つ物にも含まれている事に気付きました。 

ログラミングは身の回りの生活にとても役立つことがわかった。生活で使われていることを知らなかったけることができ良かったです。 

というような意見が聞かれ、子どもたちにとって充実した時間になったことが分かりました。これをきっかけにプログラミングに興味を持ってくれた子どもたちが、「こんなものあったらいいなあ」というものをプログラミング実現しよう!と思ってくれると嬉しいです。 

 

 

参加した海蔵小学校のみなさん、子どもたち、そしてアプライド マテリアルズ ジャパンのみなさん、ありがとうございました! 

実施場所 /三重県四日市市海蔵小学校
実施日時 /2020年11月30日、12月1日 
参加人数/小学6年生135名 
 

当団体との協働を検討していただける企業・団体様は特設ページもご覧ください。 

 

文:鷺谷/学生インターン  

「プログラミングの旅」特設サイトを見る

Recently最新の記事