Blog活動ブログ

【伊藤忠都市開発】茗荷谷ふみのまちLABO第4回「わくわくおりがみ体験&クイズラリー」

企業協働

放課後NPO学生インターンの笹原です。
2020年10月24日、「ふみのまちラボ第4回」を実施しました。このプログラムは、伊藤忠都市開発様との協働事業で、茗荷谷のマンションに今年ご入居されたご家族のコミュニティづくりを目的に行われています。ご入居前の昨年にも3回のイベントを実施し、今回がご入居後初めてのイベントとなりました。

会場は、「お茶の水 おりがみ会館」。歴史あるこの施設で、講師による楽しいおりがみ教室を実施しました。

まずは、アイスブレイク。「しりとり自己紹介」で、前の人の名前の最後の文字から始まる、自分の好きなものを言いながら、自己紹介をしました。「かまぼこが好きな・・・」「チョコレートが好きな・・・」と、みんなの好きなものを聞けて、ほっこりしました。

そして早速おりがみ教室を始めていきます。今回作るのは、「ダルメシアン」と「クリスマスカード」です。
ダルメシアンに使ったのは、おりがみ会館オリジナルの紙!すべて手作業で作られた素敵な模様で、ひとつひとつ表情が違うのが魅力です。
先生が説明してくれるのに合わせて、丁寧に折っていきます。お手本を見ながら、みんなとっても真剣な表情です。

「できた!」との声とともに、かわいらしいダルメシアンがたくさん並びました!
「もう1匹作ってみましょう」と声を掛けられると、みんなすっかり作り方をマスターしていて、どんどん作っていました!みんなの集中力には先生もびっくりです!

そして、赤いおりがみでサンタクロースを作り、きらきらの雪のフレークと一緒にカードに貼って、クリスマスカードも作りました。これで、冬の準備はばっちりですね!

おりがみ教室のあとは、クイズラリーです。おりがみ会館を探検して、クイズの答えを見つけていきます。ギャラリーでは、たくさんのおりがみの作品の中から、答えを見つけると、「あった!」と嬉しそうな声が。染め工房も見学して、紙の染め方や干し方など、「紙はどうやって作るのか」という知識も深めることができました。短い時間のなか、みんな全問正解でした!

最後に、みんなの見つけた答えを持ち寄って、謎解きタイムです。クイズの答えと謎解きシートを見比べて、「これがこの答えだから・・・」「あれ?・・・ということは・・・!」。

「みんな、答えはわかったかな?せーのっ」「おりがみー!!」
無事、「ひみつのこたえ」にたどり着くことができました!!

今回のプログラムを通して、「おりがみって面白いな」と思っていただけたら、嬉しいです。
子どもたちからは「楽しかった!」、保護者の方からは「コロナで外出があまりできていなかったので、このような機会があってよかった」とのお声もいただきました。
密に気をつけながら、楽しい時間を共有することができたと思います。

参加してくださったみなさま、「おりがみ会館」のみなさま、伊藤忠都市開発のみなさま、ありがとうございました!

●実施場所/お茶の水 おりがみ会館(東京都文京区)
●実施日時/2020年10月24日
●参加者数/子ども4名、大人4名

当団体との協働を検討していただける企業・団体様は下記サイトよりお問い合わせください。

企業×NPO

文:笹原優香/学生インターン

Recently最新の記事