Blog活動ブログ

【おいしい!野菜チャレンジ】みんなで「おいしくな~れ!」の魔法をかけて

7月22日(月)、 カゴメ様との連携プロジェクト「おいしい!野菜チャレンジ」を、静岡県焼津南小学校で実施しました。今年は昨年よりさらにパワーアップして、全国50か所にお届けします。今日は記念すべきその第1回。とても元気な2年生39名が参加してくれました。

「おいしい!野菜チャレンジ」は、野菜好きになるきっかけをつくる食育プログラムです。さわる・見る・かぐ・知る・味わうを体験し、 野菜と仲良くなることを目的としています。

「185校の中から選ばれたんだよ」と聞いて、「えーーー!!スゴイ!」「鳥肌がたつ!ラッキー!!」と子どもたちは大興奮!! 2年生は生活科の授業で野菜を育てているそうで、担任の先生から、「自分たちで育てている野菜について、もっとくわしくなろうね!」というメッセージをもらい、さらにやる気がアップしたところで授業スタート。

今回、野菜について学ぶにあたり…お話をしっかり聞くのがとても重要!

そこで、最初に練習したのが“ダンボの耳”! 2年生の子どもたちはノリノリで、先生が話し始めると、“ダンボの耳ポーズ”で、聞く姿勢になります!

さて、本題!!

「昨日は、何の野菜を食べた?」という質問に、「じゃがいも!」「タマネギ!」と続々と。「野菜ジュース飲んだよ~!!」なんて声も上がりました。

野菜を当てるクイズでは、ドキドキしながら箱の中に手を入れ、「わかっちゃった!」、「絶対コレでしょう!!!」とうれしそうな笑顔。


夏の旬野菜3種類を触りながら、班全員で真剣に答えを考えていました。話し合いも活発で、終始楽しそうな様子でした。


次は、“ジュースのもと”の味見をしながら、どんな野菜が入っているのかを想像します。


「これは、玉ねぎの味がする…」


「においはにんじんなんだよな~。でも、飲むとレモンも入っているような感じもする…」と、においを嗅いでみたり、味わって飲んでみたり、お友達と話し合ってみたり…ジュースの味を想像しながら飲むだけで、こんなにも会話が弾み、とても楽しい時間になるんですね!


さて、いよいよ子どもたちは“ジュース屋さん”になって、最強のジュースづくりに挑戦です!! “オレンジ・黄色・むらさき”のジュースに、“トマト・ニンジン・パイナップル・ぶどう”のジュースを配合して、最強のジュースを作っていきます。

少しずつ、配合をして味見をする…みんなとても真剣です!!「パイナップルの味が強いね~」「ちょっと、酸っぱいんじゃない?」 「ニンジン、入れ過ぎた気がする…」「トマトをもう少し入れたら、色がよくなるかな~?」

最強のジュースにするためのポイントを思い出しながら、たくさん話し合ってオリジナルジュースを作っていきます。


「おいしくな~れ~」と班全員でマドラーを持って混ぜる様子も!!

「さわやかジュース」、「やさいミラクルジュース」など、みんな一生懸命、ジュースの名前も考えました。班ごとの発表を終え、最強のジュースを試飲して、みんなでおいしいと思ったジュースに投票します!今回は、2位と3位が同票数だったため、2位と1位を発表!!

全員が1位になれるように祈ります。見てください、この真剣な表情!


1位は…「少しすっぱいけど、にんじんが多くて身体にいい“ミラクルドラゴンフルーツジュース”!!」結果を聞いた瞬間、飛び上がって喜ぶ男の子!!優勝したチームも、残念ながら負けたチームも、最強のジュースを目指す団結力がすばらしかったです。


最後、子どもたちに感想を聞いてみると、「野菜のことをたくさん知れた」「ジュース作りが楽しかった!もう一回来て!」「クイズをもっとやりたかった」と話してくれました。野菜が苦手だった子も、「ジュースはおいしかったよ」とニッコリ笑顔を見せてくれました。

焼津南小学校の皆様、参加してくれた子どもたち、そしてカゴメ様、ありがとうございました!!

------------------
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitter等でも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool
Instgram:#houkagonpo
-----------------

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事