Blog活動ブログ

【7/26おいしい!野菜チャレンジ】「野菜ってこんなに楽しいんだ!」世界でひとつのスペシャルジュース

夏休みに入り、ようやく太陽ギラギラの夏らしい天候になった7月26日。
群馬県前橋市にある石倉学童クラブにお届けした「おいしい!野菜チャレンジ」の様子をお伝えします。

民家を改造したアットホームな建物で、お昼ごはんもおやつも手作り。そんなぬくもりあふれる学童クラブに通う、1年生から6年生の15名の子どもたちが参加してくれました!

 
「おいしい!野菜チャレンジ」とは、野菜を好きになるきっかけをつくる体験型の食育プログラムです。さわる・見る・かぐ・知る・味わうを体験することで、 野菜と仲良くなることを目的としています。
まず、「昨日どんな野菜を食べましたか?」と、子どもたちに問いかけると、「こんにゃく~!」という声が。
「えっ?」と戸惑う低学年に、「だって、こんにゃく芋からできているもん。」と高学年。全国一のこんにゃくの産地、群馬県で育った子どもたち!さすがです!
続いて、「チーム対抗野菜クイズ」にチャレンジ。
箱の中に手を入れて旬の野菜に触れたり、クイズで野菜についての知識を学んだりします。
「なんか、細長いんだけど、なんだろう」「ツルツルしてる。これはもうアレでしょ~」
 
さて、お待ちかね。この日一番盛り上がった、「最強のジュース作り」の時間です。
“ジュースのもと”には、何種類の野菜が入っているかな?
まずは、チームごとに選んだ“ジュースのもと”を味見していきます。
 「ちょっと、すっぱい感じがする」「この色は、トマトとにんじんが入っているでしょ~。」
五感を研ぎ澄ませて、どんな野菜が入っているか予想します。
「色的にも味的にも、絶対ぶどうが入っていると思うんだけどなぁ~」
「やっぱり、ブロッコリーはやめた。そういう味はしなかった」と真剣そのもの。
そして正解発表に、「えぇ~!!!そんなに入ってるの~?」という驚きの声が上がります。
先ほど、「ぶどうが入っている」と推測したチームは得意げな表情。
そしてついに「最強のジュース」を作っていきます。
“ジュースのもと”に、ほかのジュースを少しずつ加えながら、味を調整していきます。
「まだ、あまり変わらないね」「トマトトマトしすぎ!」「ちょっとぶどうが強いな」
「見た目の色にこだわる?」「甘くしたい!酸っぱさを消すにはどれを入れたらいいんだろ~」
こだわりポイントをどうするか、みんなでワイワイ相談しながらアレンジしています。

世界でひとつのジュースができ上ったら、みんなで発表し合います。そのあとはお楽しみの試飲会。

最後に迎えた結果発表。

「えいよういっぱいジュース」「げんきもりもりジュース」「トロピカルジュース」「オレンジっぽいジュース」中から、みんなの票が一番集まったのは…?
優勝したのは、「トロピカルジュース」でした!でもどのチームも大満足のジュースができたので、みんな笑顔いっぱいでした。
チャレンジを頑張った認定証とジュースのお土産をもらい、「ごちそうさまでした」の大きな声でプログラムを終えました。
旬の野菜を学んだり、五感を使って楽しみながら野菜に親しんだりする子どもたちは、終始イキイキとした様子でした。
「野菜って楽しいね!」「もっとやりたかった」
そんなうれしい声もたくさん聞けました。
石倉学童クラブのみなさま、参加してくれた子どもたち、そして、カゴメ様、ありがとうございました。

------------------
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitter等でも発信しています。 

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。 

Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool  

Instgram:#houkagonpo
----------------- 

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事