Blog活動ブログ

8月14日「おいしい!野菜チャレンジ」@草加市 住吉児童館

夏休みも後半の2018年8月14日(火)、カゴメ「おいしい!野菜チャレンジ」プログラムの第3回が開催されました。今回の会場は、草加駅近くにある学童クラブ、住吉学童。41名の小学生が参加してくれました。

今回はカゴメ社員のお2人も、「野菜先生」としてかけつけてくれました。お1人は研究のお仕事をされているので、いろいろなお話を聞かせてもらえそうです。楽しみですね!

まず、昨日みんなが食べた野菜について聞いてみると、「キャベツ!」「ほうれん草!」「トマト!」など、いろんな名前が上がります。みんなたくさん野菜を食べていてすごい!

熱心に見ているのは、野菜のはたらきをアニメで教えてくれるビデオ。「だから野菜を食べたほうがいいんだね」と、しっかり理解できたようです。
次は、毎回とても盛り上がる「旬の野菜をさわってみよう」のコーナー。おそるおそる箱に手を入れる姿がほほえましい。「わかった!」と笑顔になる子、さわった手のにおいをかいでみる子、葉っぱを少しちぎってしまうつわものもいました!

今回箱に入っていたのは、レタス、アスパラガス、ピーマン。どれも夏においしい「旬の野菜」。おいしくて、栄養があって、しかも安いということを知り、「お母さんに知らせたい!」という声が上がりました。

野菜クイズのコーナーでは、カゴメの野菜先生がトマトについてレクチャー。特別に、トマトの原種を那須塩原にあるカゴメの総合研究所から持ってきてくれました。「今のトマトと形が全然違う!」とみんな大興奮。 野菜摂取目標量など、なかなか難しくも勉強になるクイズが沢山で、楽しんでくれたようでした。

クイズのあとは、「ジュースのもと」を味見します。盛り上がったあとなので、みんなごくごくとてもおいしそう!そして、ジュースにどんな野菜が入っているのか考えます。なんと、中には20種類以上の野菜が入っているジュースも!ビートやケールなど、知らない野菜までいつの間にか飲んでいたんですね。

次は、オリジナルジュース作りに挑戦!まずはどんなジュースにするか、班ごとに話し合います。「甘いジュースがいいかな」「体にいいジュースにしようよ」など、みんなで意見を出し合います。味見しながら少しずつ混ぜる班、大胆に全部入れる班など、いろんなやり方で楽しそうに作っていました。

ジュースが完成したら、最強レシピシートに自分たちのジュースの魅力を書き込みます。そして班の代表がみんなに向けて発表!みんなが飲みたいと思ってくれるように、一生懸命説明します。

そのあとは、ほかのチームのジュースを試食。「おいしい!」「ちょっとすっぱい。でもおいしい」と、みんな大満足の表情です。試食が終わったら、自分が一番飲みたいと思ったジュースに投票します。味だけでなく、どんな気持ちで作ったのかも投票の決め手になるようです。

そして、ドキドキの発表タイム。みんな自分のジュースが選ばれるように、「お願いします!」と念じます。1位になったチームは、「やった~!」とみんなガッツポーズ。

優勝チームの発表者は、みんなを代表して野菜先生から「認定書」を受け取りました。ちょっぴり恥ずかしそう、でもとってもうれしそう!


最後はみんなで野菜先生にご挨拶。大きな声で「ありがとうございました!」としっかり言えました。帰り際、子どもたちから、「またやりたい!」「次はいつ来るの?」とうれしい声をたくさんもらって、野菜先生もアフタースクールスタッフも、来たときよりさらに元気になれた一日でした!

住吉学童の皆様ありがとうございました。

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事