Blog活動ブログ

【感動体験プログラム】クラシック音楽や楽器の仕組みを楽しく体験!オンライン型クラシックワークショップ

企業協働

2022年2月中旬、ソニーグループ(以下、ソニー)の感動体験プログラム「見る・聴く・感じる!わくわくクラシック」のオンラインワークショップが開催されました。
今回は複数の拠点をオンラインで繋いで開催し、その中で川崎市からは小学1~4年生まで10名の子どもたちが参加してくれました。

▽感動体験プログラムについて 

▽見る・聴く・感じる!わくわくクラシックについて

この日は、ヴァイオリニストの礒絵里子さんとピアニストの中川賢一さんをお迎えし、 クラシック音楽の魅力をオンラインで体感するワークショップの幕が上がりました。

演奏家2名の自己紹介の後、「エルガー:愛のあいさつ」の演奏が始まります。子どもたちも一度は聞いたことがある曲に聞き入っていました!

次の楽器紹介のパートでは、ヴァイオリンとピアノの音の出る仕組みをクイズ形式で教えて頂きました。

ヴァイオリンやピアノという楽器のことは知っていても、どのような仕組みで音が鳴るのか、また、それぞれの楽器のひみつについて演奏家から直接教えてもらうということは、子どもたちにとって初めての体験となりました。


そしていよいよ、子どもたちが楽しみにしていた楽器の工作キットの出番です。
子どもたちは、この日の為に事前にお送りしていた工作キットで、オリジナルの楽器作りに挑戦してくれていました!それぞれの個性溢れるヴァイオリンやギターを手に持ち、音の大きさの変化や、音程の変化の仕組みを体感しました。

その後の演奏では、自ら作った楽器を音に合わせて操り、演奏家と一緒に楽しそうに演奏している姿もありました。


そして最後に、中川さんと礒さんから子どもたちへ向けてメッセージを送って頂きました。
「クラシック音楽やその演奏に使われている楽器は、昔から続く、たくさんの人たちの知恵と努力が詰まっています。そのことをみなさんに知ってもらえて嬉しいです。」
「ホールも楽器です。いつかコンサートホールに生の演奏を聴きに来て下さいね。」

4曲の美しい生演奏とともに、クイズ形式で楽しく楽器の仕組みも学べるオンラインプログラム。より音楽を身近に感じ、その魅力に対する興味関心を深めることができたのではないでしょうか。

この日に体験したことが、音楽に対する新たな視点を持つことに繋がり、子どもたちの日々をより豊かにしてくれるものになれたらとても嬉しいです。

参加してくれた子どもたち、現場スタッフの皆さま、有難うございました!

―――――――――――――――――――――――――――――――
実施場所/神奈川県川崎市

実施日時 / 2022年2月中旬

参加者数 / 小学生10名

演奏者 /礒 絵里子(ヴァイオリン)、中川賢一(ピアノ)

協力 / ソニー音楽財団「Concert for KIDS」

Recently最新の記事