Blog活動ブログ

【トキワ松学園アフタースクール】開校5周年を迎えました!

こんにちは、トキワ松学園アフタースクールです!

トキワ松学園アフタースクールは2019年5月に開校5周年を迎えました。
5周年を記念して、放課後NPOアフタースクールが住友生命保険相互会社様の助成により取り組んでいる「スミセイアフタースクール」でも講師をしてくださっている元プロ野球選手川崎憲次郎さんにトキワ松へ来ていただきました!

その5周年イベントの様子をぜひここで紹介させていただきたいと思います!
野球が大好きな子どもたちが多く、学校のお昼休みにも校庭で野球をしている子どもたちがたくさんいます。
アフタースクールでも「野球をみんなでやりたい!」「野球選手と会ってみたいなー」というリクエストがたくさんあり実現したこの企画、
川崎選手に会えるということもあり、たくさんの子どもたちがこの日を楽しみにしていまいした。

今回のイベントは、野球教室がメインではありましたが、

■夢をもつ大切さ
■夢を叶えるために川崎選手が努力をしてきたこと
■きびしいプロの世界でプレーし続けるために努力をしたこと

などを川崎選手ご自身の経験談も交えながら教えていただき、子どもたちに素敵なメッセージを贈っていただきました。


野球教室の最初はボールを使って体をならしていきます。
川崎選手からボールを使った色々な運動を教えてもらいました。
体があたたまってきたら、お友達とペアを組んでキャッチボールに挑戦!(なかなかむずかしく、ボールが転がることも...!)

ボールの投げ方のコツも教わり、腕の高さと手足の動かし方がポイントだと学びます。
実際にみんなの目の前で川崎選手がボールを投げてくださると、とても速くてまっすぐ飛ぶボールに子どもたちは大注目です!


2人1組でキャッチボールの練習をしたあとは、なんと川崎選手と1対1でキャッチボール♪
子どもたちも川崎選手とキャッチボールができるということと、
「思いっきりボールを投げていいよ」という川崎選手の言葉で、真剣な目で力いっぱいボールを投げていました。
「上手!」「ナイスボール!」という言葉を川崎選手にかけてもらって子どもたちもとっても嬉しそうでした。

キャッチボールが終わったら、川崎選手からのお話です。
「私や先生も含めて、ここにいる大人たちに共通点があります!何か分かりますか?」

答えは…
「みんな、必ず失敗をしています!」

川崎選手もたくさん失敗をして、そこからどうするかを一生懸命考えてきたことで夢を叶えることができた、ということを教えてくれました。
「失敗と書いて”成長”と呼ぶ」という言葉を、現役時代には野村克也さんからもらったそうです。
川崎選手のお話を子どもたちもとても真剣な表情で聞いていました。

今回の野球教室を通して、子どもたちは川崎選手の「野球を好き」な熱い気持ちや、挑戦することの大切さを知りました。

放課後の時間にはたくさんの可能性があります。
子どもたちには、好きなことを見つけて、チャレンジをしてほしいと思っています。
アフタースクールでも、ぜひ失敗を恐れないでどんどんチャレンジをしてね!!
アフタースクールはいつでもみんなを応援しています!!

文:トキワ松学園アフタースクール/古賀

Recently最新の記事