Blog活動ブログ

【8/26おいしい!野菜チャレンジ】「最高のジュースができた!」試行錯誤しながらオリジナルジュース作り

8月26日、さいたま市の桜木小学校内にある学童クラブ「桜木じゃりんこ」で「おいしい!野菜チャレンジ」を行ないました。当日は小学校1~6年生、33名の子どもたちが参加し、野菜クイズやオリジナル野菜ジュース作りにチャレンジ!楽しみながら野菜と仲良くなりました。

「おいしい!野菜チャレンジ」は、子どもたちが野菜好きになるきっかけをつくる食育プログラムです。さわる・見る・かぐ・知る・味わうといった感覚を通じて体験し、 野菜への関心を高めることを目指しています。

当日は、カゴメ社員の方2名が野菜先生として登場!野菜についての知識を分かりやすく教えてくれました。

まずは箱の中にある野菜を当てるクイズやカゴメが使用する代表的な野菜であるトマトについてのクイズを実施し、その後オリジナル野菜ジュース作りを行いました。

まずは、味のベースとなる、オレンジ、黄色、紫色の3種類の”ジュースのもと”を試飲します。

「うーん、これは何の味だろう・・?」
「大根が入ってるんじゃない?」
「トウモロコシは絶対入っているよ!トウモロコシの味がする!」

子どもたちはにおいを嗅いだり、味をじっくり確かめたりお互いに話し合いをしてワークシートに答えを書いていきました。

そして、いよいよ正解発表。実は、3つのジュースにはそれぞれ20種類もの野菜が入っているんです!

「えーそんなに⁉」

とみんなビックリ!予想以上にたくさんの野菜が入っていることにとても驚いていました。さらに野菜のおいしさを引き立てるためにフルーツが入っていることも伝えると「へー!」「たしかに飲みやすいよね」と納得の様子でした。

そしていよいよ、グループごとに「最強の野菜ジュース作り」がスタート!”ジュースのもと”にトマトジュース、にんじんジュース、パインジュース、ぶどうジュースを加えていき、作っていきます。

「だいぶ("ジュースのもと"から)味が変わったね!」
「酸味が出てきたよ」
「甘い方が飲みやすいんじゃない?」

どのグループも真剣に味を調整していきます。すべてのジュースを使ったグループ、ちょっとずつジュースを加えて都度味見をしながら慎重に作り上げていくグループなど、作り方に子どもたちの個性が表れていました。

「うん!最高のジュースができた!!」

と最後には自信をもって最強のジュースが完成!グループごとにジュースのこだわりポイントを発表します。

「甘くてさっぱりしていて夏にピッタリです!」
「パイナップルKINGという名前で、甘みを出すためにパイナップルをたくさんいれました!」
「ほぼすべてのジュースを入れたメガ野菜ジュースを作りました!」

どれもおいしそうですね~!発表後は子どもたち同士でジュースの試飲タイム。おいしいと思うジュースに投票を行い、最後には順位発表のほか、カゴメの野菜先生から個人賞も発表されました。

「甘くてさっぱり夏ジュースは、暑くて体がだるいときにピッタリの味だと思いました!」
「メガ野菜ジュースは野菜の味がしっかりと生きていましたね!」

と具体的なコメントをいただき、褒められた子どもたちが嬉しそうにはにかむ様子が印象的でした。最後に、野菜チャレンジの認定書とお土産をもらってプログラムは終了です。

実は、参加した子どもたちの中には野菜が苦手で、最初はジュースのもとを飲めなかった子も。でもその後の「最強の野菜ジュース作り」では楽しそうにジュース作りを行い、「意外と飲めるね!」と他のグループのジュースも試飲していました。今回のプログラムで少し野菜と仲良くなってくれたように感じ、こちらも嬉しくなりました。これからも子どもたちが野菜と仲良く、日々の生活の中で取り入れてくれたらと思います。

桜木じゃりんこの皆様、参加してくれた子どもたち、そしてカゴメ様、本当にありがとうございました!

------------------
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitter等でも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool
Instgram:#houkagonpo
-----------------

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事