Blog活動ブログ

【感動体験プログラム】2/19 ソニーグループ みらい夢ワークショップ@汐見アフタースクール

企業協働

こんにちは!学生インターンの河合です。

2019年2月19日(火)、東京都文京区・汐見アフタースクールにて、ソニーグループ様と提供する感動体験プログラム、みらい夢ワークショップを実施してきました!

このプログラムは、ソニーグループの皆様と提供する感動体験プログラムの一つで、仮想の家族のライフプランニングを実践し、お金の大切さを学びます!
今回は4~6年生の子どもたちを対象にした、ちょっぴり大人なプログラムです!

早速プログラム開始です!

まず初めに「ライフプランとは何か知ってるかな?」という質問が先生からありました。
それに対し、なんと「将来のことをどうするか決めること!」と大人な回答。

みんなの将来の夢を発表!
「ダンサー」、「女優」、「警察官」、「先生」など素敵な夢の数々に自然と拍手が。

次にみんなで仮想の家族でライフプランについて考えていきます。
夫婦の職業や家、車などをランダムに引いたトランプのマークで決めていきます。

お父さんは、売れっ子ゲームクリエイター、会社員、主夫などの選択肢の中から、今回は主夫の設定でいくことに。
お母さんは会社員になりました!

これからどうなっていくかワクワクしますね!

その後、トランプのマークに沿って2000万円のスポーツカーを買ったり、月11万円のマンションを借りたり、お小遣いの金額を決めたり…
(スポーツカーを買うことになった時、「やばい!2000万円なんて払ったら破産する!」と悲鳴が上がりました)。

子どもたちが選んだ選択肢に沿って先生がシミュレーションしてくれました!

子どもたちは「結果は見ません!絶対借金してるから!」と自覚ありの様子。

赤字続きの結果が!!
これから、この赤字をどう黒字にしていくかをみんなで考えていきます。

「生活費ってどうやったら減らせるんだろう」
「外食の回数を減らすとか?」
「なるべく電気は使わない!」など様々な意見が出てきました。

積極的に意見を出し合い、話し合いながら協力しました。

様々な話し合いの結果、みごと黒字に回復!!

次に、みんなの理想の仮想家族でライフプランニングしてみます。

自分の職業や子どもの学校を私立にするか公立にするか対立する場面もありましたが、みんなで設定を固めていきます。

一軒家を買ったのにもかかわらず黒字に!
みんな計画上手ですね!

今日はこのプログラムを通して、支出と収入のバランスなど子どもたちもお金の大切さを学べたようです。
最後に先生から、「理想通りにならなくても、ちゃんと考えたらお金はなんとかなる。大丈夫」という心強いメッセージをいただきました。

まだまだ働いた対価としてお金をもらうというイメージはつかないかもしれませんが、大人になってから、「そういえばあんなこと教えてもらったな」と少しでも思い出してくれるといいですね。
将来の夢に向かって。その職業を通して得るお金で生活して・・・なんていう夢が実現できますように!

ソニーグループ様、汐見アフタースクールの皆様、ありがとうございました!

------------------
放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitter等でも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Recently最新の記事