Blog活動ブログ

9月29日「おいしい!野菜チャレンジ」@明海小学校地区児童育成クラブ

台風が迫る9月29日(土)、千葉県浦安市の明海小学校地区児童育成クラブにて、食育プログラム「おいしい!野菜チャレンジ」を実施しました。台風にも負けないくらいエネルギーを持った、元気いっぱいの子どもたちが36人参加してくれました!

また、今回も「野菜先生」として、カゴメ社員の方がいらっしゃいました。

まずは子どもたちに質問します!
「昨日なんの野菜を食べた?」「好きな野菜はなに?」

子どもたちからいっせいに手が挙がり、「トマト!」「ピーマン!」「玉ねぎ!」「にんじん!」と次々に答えてくれました。みんな家で毎日いろんな野菜を食べているんですね。すごいです!

続いては、「旬の野菜にさわってみよう」のコーナー。箱の中に隠された旬の野菜を、手で触って当てるというゲームです。

子どもたちは中身に興味しんしん!「早くやりたい!」とうれしい声が上がります。

しかし、触れるのは一人2秒まで。
「もう一回触らせて~」「私、ちょっとしか触ってないけどわかったかもしれない!」

一瞬の感触を頼りに、みんなで話し合って何が入っていたのか考えます。

たくさんの意見が出て、大盛り上がりのワークになりました!
今回も、難問のチンゲン菜の箱は、どのチームも苦戦…。でも、チンゲン菜の仲間の「小松菜!」と、もう一歩の答えを出せたチームがいました。惜しい!

このコーナーで、チンゲン菜という野菜を初めて知った子もいました。新しい知識が身についてよかったね!

次は、野菜クイズにチャレンジ!「トマトは世界に何種類ある?」「一日に必要な野菜はどのくらい?」といった野菜にまつわるクイズに挑戦します。
子どもたちは三択の中から答えを選びます。プラスチックの番号札を目にした瞬間、みんな目がキラキラ!「クイズ番組みたい~」「テレビと同じ!」と、うれしそうな表情で参加してくれました。

「わからないけど、これかなぁ~?」班で相談して、答えを決めていきます。

各クイズの後には、野菜先生がていねいに解説してくれます。とてもお話が上手で、みんな深くうなずきながら、じっと解説を聞いていました。

とくに、「低学年でも野菜を1日に約300gとる必要がある」という解説は、みんなびっくりしたようです。300gというと、生野菜では両手3杯分!

「そんなに食べるの大変!」という声に、さすが野菜先生、「野菜炒めや野菜スープなど、いろんな食べ方があるから大丈夫。野菜ジュースもそのうちのひとつで、手軽にたくさん野菜をとることができますよ」と、やさしくアドバイスしてくれました。

さて、ついにお待ちかねの「最強のジュース作り」の時間です。
まずは、「ジュースのもと」を味見して、中にどんな野菜が入っているか推測します。

ワークブックを見ながら、「これとこれかな~?」と2~3種類の野菜に〇をつける子どもがほとんど。そこで、野菜先生から「10種類以上入っているよ~」とヒントをもらいました。

そして正解は、どの「ジュースのもと」にも、約20種類の野菜が入っていました!これには子どもたちからも「え~!?」と驚きの声が上がります。

「そんな入っているとは思わなかったぁ!」「セロリ、苦手なのに飲めた」「ケールって知らない野菜だけど、おいしかった」など、にぎやかな声が上がります。

最後に、みんなで協力して「最強のジュース」作りに挑みます。さっき選んだ「ジュースのもと」に、にんじんやトマト、ぶどう、パイナップルなどのジュースを好きなバランスで混ぜていきます。

味見をしながら「ちょっと酸っぱい」「もっと甘くしよう」と楽しそうに混ぜています。「混ぜる量が少ないと味があまり変わらないよ」とメンバーの声を受けたチームでは、慎重に少しずつ混ぜる量を増やしていました。そうやってチームで協力しながら、試行錯誤するのが楽しいんですよね。

なんと、「味見しながら作ろうね」と言われていたのに、一気に全部のジュースを混ぜてしまうチームが!!!周りの様子をみて、「あちゃ~」と後悔するメンバーたち…。

でも、でき上ったジュースを飲んでみると「これはこれですごくおいしい!」「いい感じにできたよ」と笑顔が戻りました。スタッフもホッと一安心です。

最強のジュースが完成したら、ジュースの名前やこだわりポイントをワークブックにまとめます。「からふるじゅーす」、「健康ジュース」、「元気やさいジュース」など、子どもたちの個性が詰まったステキなジュースたちが完成しました!

全チームの発表を聞いたら、自分が「飲みたい!」と思ったチームのジュースを飲みにいきます。3杯しか飲めないので、みんな迷いに迷って…。

悩んで決めたチームのジュースを、「おいしい!」「最高!」ととてもうれしそうに、じっくり味わいながら飲んでいました。

そして、子どもたちの投票をもとに優勝チームを選びます。選ばれたチームは大喜び。でもそれ以外のチームも、自分たちで納得のいく味のジュースができたので大満足の表情でした。

チャレンジのあとは、みんなの頑張りをたたえて、全員に野菜先生から認定証の進呈がありました!みんなを代表して笑顔でパチリ!いい表情です。

さらに、カゴメさんから野菜ジュースのお土産ももらいました!
「最強のジュースがおいしかったので、もう一セットください!」なんて、ちゃっかりかわいい笑顔でお願いしてしまう子どもたちもいました(笑)。

今回のプログラムで、みんな野菜をもっともっと好きになれたみたいですね!

明海小学校地区児童育成クラブのスタッフの皆様、参加してくれた子どもたち、そしてカゴメ様、本当にありがとうございました!!

「おいしい!野菜チャレンジ」特設サイトを見る

Recently最新の記事