Blog活動ブログ

【被災地支援】復興アントレプレナー2018-2019 in 石巻 2nd

企業協働

こんにちは!インターンの土岐です。

11月11日(日)に宮城県にて開催された「復興アントレプレナープログラム~石巻編~」の第2回事前講座のご様子をお届けいたします!

このプログラムは、バークレイズ証券株式会社様のご支援のもと、被災地の中高生が自ら仕入れ・販売を通して企業体験をするプログラムで今年6年目を迎えます。

東京での販売に向けて行われる準備講座。今回レポートするのは石巻編第2回目の講座となります。第1回目のご様子はこちらをご覧ください。

それでは早速、当日の様子をご紹介していきます!

まずはアイスブレイクから♫
「◯◯の隣にいる◯◯が好きな◯◯です」と積み木のように自己紹介を積み重ねていく足し算自己紹介をしました。最後の人はちょっぴり難しいこの自己紹介。実際に苦戦しており、子どもたちから笑い声が聞こえてきました。

緊張もほぐれたところで、スペシャルゲストの登場です。実は今回、東京からバークレイズ証券株式会社 江良様が子ども達の為にかけつけてくださったのです。

小さい頃の夢や学生時代の経験から、
・自分の思っていることややりたいことを口に出して言うことの大切さ
・目的、目標を持つことの大切さ、そしてそれに向かって努力することで選択肢が広がるということ

を子どもたちに伝えてくださいました。
江良様はアメリカの大学を卒業され、今も多国籍な環境で働いていらっしゃるということで、英語がペラペラ・・・!子どもたちは尊敬の眼差しでお話を聴いていました。そして「私も海外行ってみたい!」「こんな人になりたい・・・!」との声も。江良様、素敵なお話をありがとうございました。

気が引き締まったところで、次は前回の復習や宿題の共有を行っていきます。
一人ずつ、仕入れ商品について調べたことをグループのみんなに伝えていきます。それぞれ必死にメモを取ってる姿が印象的でした。

さて、いよいよ収出計画を立てていきます。
おおよその売値は前回決めたため、今回は仕入数を重点的に考えます。
「東京は健康志向の人が多そうだから、とろろ好きかなぁ」「ラーメンは高いからあまり売れないかな・・・」「この商品は無農薬で無添加だから東京の人にうけそう!」など
どの商品がどのくらい売れるか予想を立てていく様子が見られました。商品の特徴をつかんだ上で考えるのがポイントとなるため、宿題でそれぞれ調べてきた商品の知識がとても役に立ちました!

仕入数が決まったら、仕入単価×仕入数を計算し、仕入れ予算内に収まるように調節していきます。

利益が最大限出るよう、両グループとも集中して考えていました。
無事に収支計画が確定した後は、「良いお店」とは何かを学びます。
皆さんは良いお店ってどんなお店だと思いますか??
「良質な商品を売っている」「お店が清潔」「店員がいつも笑顔」など思いつくかなと思います。

そう、良いお店とは①商品②売り場③接客の3つが揃って成り立つものなんです!!

どれか一つでもかけてしまったらいいお店とは言えません。そのことを念頭に置いて、良いお店の要素の一つである「売り場」の準備開始です!

看板づくり、POPづくりに分かれて作業に取り掛かります。
どちらのチームも店名が伝わる素敵な看板ですね!!こちらはPOP作りのご様子です。色画用紙に、商品の名前・値段だけでなく魅力やおすすめポイントを書いていきます。
商品の写真を貼ったり、見やすい色で文字を書いたり、産地を強調したりと、お客様を引き寄せるための様々な工夫がされていました。

商品、売り場の準備ができたら……
良いお店の3つの最後の要素、「接客」の準備開始です。

スタッフがおばあちゃんや子どもや外国の方などの様々なお客様になりきり、子どもたちは店員役と見学役を交互に体験し、お互いにフィードバックし合います。

お客様役のスタッフからは「安くしてくれない?」「この商品名どういう意味?」と答えにくい質問も飛んできます。
見学役はただ見学するのではなく、客観的に接客を見て、いいと思ったところと改善が必要だと思ったところをメモし店員役の子に伝えていきます。

反省として「商品をもっと知った方がいい」という声がたくさん出てきました。
その反省を踏まえ、
「商品について想定される質問を事前に考えよう」
「マルシェ当日までに実際に商品を食べてみよう」と
子ども達自身から色々なアイデアが出ていて、とっても素晴らしいなと感動しました。

準備も終え一人一人が当日までにやることを確認した後は、チームごとに決意表明を行いました。

「全部売り切る!」「笑顔でコミュニケーションをとって石巻のことを伝える!そして興味を持ってもえるようにする!」「元気でお客様の寒さを吹き飛ばす!」
子どもたちから、やる気に満ちた声が聞こえてきました!!
さぁ次はいよいよ東京での販売です!!
12月1日に行われるマルシェ当日が今からとっても楽しみです。

今回、多くの子どもたちが嬉しかったこととして、
「みんなが1日目よりもたくさん発言してくれるようになった」
「役割分担をしてみんなが活躍できた」
と、グループで協力できたことをあげてくれました。

またプログラムを通して、
「石巻っていいところだなと思ってもらいたい!」
「商品に興味を持ってもらって、実際に石巻に来てもらいたい!」
「石巻の魅力を東京の人に伝えたい!」
と子どもたちの地元愛が溢れていたことが深く印象に残りました。

最後に、今回お越しくださった江良様をはじめとするバークレイズ証券株式会社様、かぎかっこPROJECTの皆様、仕入れに協力していただく地域の商店、生産者の皆様、本当にありがとうございました。

12月1日、10時~14時にアークヒルズ カラヤン広場にて行われるヒルズマルシェにて販売いたします。東京で子どもたちの想いがより多くの方に届くことを願っています。

 

Recently最新の記事