特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

アフタースクールの取り組みが、グッドデザイン賞を受賞しました

ボランティア・寄付

ボランティア・寄付

日本は世界の中で教育投資の非常に少ない国と言われます。中でも小学生の放課後は特に支援が少ない分野です。
過去から日本は地域が子育てを担ってきた素晴らしい子育ての環境の“放課後先進国”でした。
私たちが皆さんの温かい気持ちを集めて、子どもたちに届けます。ぜひご支援ください!

  • あなたのスキル、活かしませんか?

    市民先生になって
    子どもたちに教えたい

    市民先生

  • 子どもたちのために一緒に活動しませんか?

    運営ボランティアや、
    インターンとして協力したい

    ボランティア インターン

子どもたちにプログラムを提供する市民先生たちの声

  • 子どもたちから学ぶこと、沢山あります

    金子 宗貞さん 市民先生

    私の大好きなお茶というひとつの道を通して、ひとを大事に、ものを大事にするおもてなしの心を学ぶ。でも教えようとしたら、子どもたちは元々その気持ちを持っているんだな、という発見がありました。また私自身、子どもと向き合うことで自らを見つめ直したり、教わることも多いです。元気ももらえます(笑)。とても楽しい日々をご一緒させて頂いております。

  • 没頭する、集中する、予測不能な場の盛り上がり

    クルスカさん 市民先生

    お付合いのある企業から、「子どもたちのためなら」と材料になる革を提供して頂くことがあります。やっぱり子どもの未来を思う気持ちはみんな持っていて、声を掛けると出てくるんだな、と実感しています。私たちはものづくりの仕事をしていますが、子どもたちが夢中で創造する瞬間をこの現場ではいつも目の当たりにできるので、すごく刺激をもらっています。子どもたちが没頭して、集中してものづくりをする姿、出来たときの達成感に満ちた笑顔がやみつきになります(笑)。

ボランティア、インターンの声

  • 子どもたちの笑顔で、いつもさわやかな気持ちになります

    石原 勝年さん 運営ボランティア

    サラリーマンを退職して、これからの日本、これからの世界を創っていく子どもたちの何か役に立てることはないかと思って、ボランティアに参加しました。とにかく子どもは接していて楽しいですから、いつもさわやかな気持ちになれます。こちらがとても楽しませてもらっていますのですが、子どもが夢中になれる姿を見ていると、これでいいのかな、と。シニアで元気な方は沢山いらっしゃいます。とにかくこの活動は楽しく、やりがいも感じることができるので、ぜひボランティアに参加して欲しいですね。同年代の仲間が増えたら私も嬉しいです。

  • 沢山のお仕事経験を頂いています!

    宮田 里緒さん 学生インターン

    私も教育に興味があり、子どもたちが色々な体験をできる場があったらいいなと考えて探していたところ、ぴったりの活動をしているこの団体を見つけて、説明会に参加しました。子どもたちとの現場が楽しいのはもちろん、事務や企画、企業への訪問、市民先生とのお打ち合わせなど、この活動ならではの多様な方々とお仕事がご一緒できて、貴重な体験をさせて頂いています。

ご支援をいただいた方の声

  • 親になって放課後の問題に気づきました

    岡山 真之さん

    自分も小学生の親になり、まさに学童保育の課題に直面しています。子どもに様々な体験をさせてあげたいのですが、なかなか叶わないのが現状です。アフタースクールがますます広がり、子どもも親ももっと夢が広がるように願って、放課後NPOアフタースクールを寄付という形で応援しています。

  • いつの時代も子どもたちを応援しています

    倉光 なつよさん

    自分の子どもは大きくなりましたが、いつの時代も未来を担う子どもたちを支えたいと思っています。アフタースクールを通じて、子どもたちが輝くことを応援出来て本当に嬉しく思っています。