Newsお知らせ

【放課後の仲間リレートーク】現場責任者&本部マネジャー/正村絵理「子ども達が、自由に・のびのび・夢中になれる放課後を日本のインフラにしたい!」

採用情報

【放課後の仲間リレートーク】
ゴールデンタイムな放課後をつくる、放課後NPOの仲間たちをご紹介します!放課後の働き方、転職のきっかけなど、個性豊かエピソードの数々をぜひご一読ください。
※前走者のインタビューはこちら

子ども達が、自由に・のびのび・夢中になれる放課後を日本のインフラにしたい!


名前:正村 絵理
略歴:企業での営業職、社内研修職を経て、2018年7月から団体に入職。
現在のお仕事:私立アフタースクールの責任者。本部マネジャー(開発チーム)

#体の60%はワイン #バリキャリいじり歓迎 #SNOOPYLOVER

放課後NPOに入職したきっかけは?
一般企業で営業職をやっていて、やり切った達成感がありました。 子どもが生まれ、保育園時代の子どもの成長を見ていく中で、小学生の放課後の大切さに気付きました。自由で制約のない時間を過ごせる場所、自分の好きなことに没頭できる環境を作りたいと思っていたところ、この団体に出会いました。

仕事の内容とやりがいを教えてください!
今年の4月に小学校とともに新規開校したアフタースクールの現場責任者をしています。1つのアフタースクールのコンセプトを作り、そこに共感してくれるスタッフや講師といった仲間と一緒に、子どもの反応を見ながら子どもたちが何かに夢中になれる放課後を創り上げていくことが、自由度もやりがいもあって楽しいです。
また開発チームの仕事では、様々な行政の方々から、放課後のご相談をいただいて、その地域の放課後のあり方・運営の仕方を考え、提案をしています。現場責任者は、目の前の子どもたちの反応がダイレクトで成長を肌で感じられること、本部マネジャーの仕事は、日本中の子どもたちの放課後をより良くできる可能性と広がり、それぞれのおもしろさを感じています。


入職してみて意外だったことは?
色々な人にNPOへ転職するの!?と驚かれましたが、意外と良い意味で企業っぽくて、入職前にやや覚悟していた「仕組みとか整ってなくて、なんでも自分でやらなきゃいけないのかな」ということはあまりないですね。企業出身のバリキャリ女子も何人かいて、前職時代と同じような感覚で会話をしながら、でもお互い同じ理念に向かって仕事をしているので判断がぶれません。自分自身で判断して、それがお互い共感できるので心地よく、今まで培ってきた力を発揮できています。

これからの目標を教えてください。
子どもが自由で自発的でのびのび過ごせる放課後が、日本の当たり前になっているように、アフタースクールをインフラ化したいです。

===============
放課後NPOの仕事を聞きに来ませんか?
===============
12月・1月の採用説明会、申込受付中!
平岩代表が、団体の歴史やこれから、子どもへの思いを語ります。

12月・1月説明会日程
・12月11日(水)19:00~20:30(受付開始18:45~)
・1月8日(水)19:00~20:30(受付開始18:45~)
・1月29日(水)19:00~20:30(受付開始18:45~)

【会場】放課後NPOアフタースクール 事務所
〒105-0004 東京都港区新橋6-18-3 中村ビル2階
https://npoafterschool.org/about/access/

【お申込みはこちら!】
https://npoafterschool.org/briefing-session_apply/

お知らせTOPへ