Newsお知らせ

【水引がつないだ素敵なメディア掲載情報】「日本の結婚式 (No.28)」でワザ伝プロジェクトをご紹介いただきました!

メディア掲載

先日発売された「日本の結婚式 (No.28)」にて、あんしん財団様と取り組んでいる<ワザ伝プロジェクト>をご紹介いただきました。

とても素敵な雑誌で、放課後NPOがご紹介いただくことはなかなかないジャンルですがその裏にはこんなストーリーがありました。
記事内インタビューでもご紹介があるように、始まりは「ワザ伝プロジェクト」でご一緒している飯田水引プロジェクト様との出会いです。

ワザ伝プロジェクトとは、一般財団法人あんしん財団様と放課後NPOが協働し、子どもたちに日本の中小企業が持つ技を届けるプログラムです。

◎過去のプログラムの様子はこちら!
https://npoafterschool.org/archives/blog/2018/03/14151/
https://npoafterschool.org/archives/blog/2017/12/13307/

水引や組子、簾などの伝統工芸から精密コマや最強マグネットといった素晴らしい技術を、東京だけでなく被災地を中心に各地の子どもたちに届けたいという想いのもと、様々なジャンルの職人さん、技術者の皆様にご一緒いただいております。

その中の1つ、飯田水引プロジェクト(長野県飯田市)の皆様に講師をしていただいている水引のプログラムは、プロジェクト発足当初から子どもたちに大人気のプログラムです。
今回、飯田水引プロジェクト様が雑誌のご取材を受け、その中で私どもやあんしん財団様、そしてプロジェクトについてお話をしてくださいました。

<水引とは?>
水引とは、結婚式のご祝儀袋などに見る紙の紐を結い合わせて作る日本の素晴らしい伝統工芸のこと。
その歴史は古く江戸時代まで遡り、日本古来の伝統的な風習に用いられることが多い水引は、人と人との結びつきを意味していることで知られています。
ワザ伝では、水引を使った大切な人へのしおり作りを子どもたちに届けています。

子どもたちは、いつもは言えない感謝の気持ちをご両親に伝えたり、引っ越してしまうお友達に<結びつき>の想いを込めてプレゼントしたりと、水引の技と意味を学び、毎回あたたかくて素敵な時間が流れています。

◎こちらもぜひ!初めて福島で開催した時の様子です。
http://npoafterschool.org/archives/blog/2017/03/10140/

=============
このプロジェクトの担当者の一人だった放課後NPOスタッフの藤原が昨年結婚をいたしました。
その直前に水引のプログラムがあり、職人さんの粋な計らいで素晴らしい水引をプレゼントいただいたのです。

その水引は、結婚式にふさわしく「一度結ぶと解けない」ようになっており、これまた粋な願いが込められていました。

ぜひ詳細は「日本の結婚式 (No.28)」にてご覧いただければと思います。

=============

私たちは、日々多くの方に支えられて「今」があり、「未来」に向かっています。
その1つ1つがかけがえのないご縁であり、生涯大切にしたい繋がりです。

このワザ伝プロジェクトも、あんしん財団様との出会いがその後の多くのご縁を産み、
子どもたちに最高の時間を届けることができています。

すべての皆様に心からの感謝を込めて、
これからも一同頑張ってまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

放課後NPOアフタースクール

お知らせTOPへ