Blog活動ブログ

【感動体験プログラム】クラシック音楽の魅力を楽しく体験!音楽がどんどん好きになる! 

企業協働

2021年6月23日、栃木県日光市の放課後子ども教室にて、ソニーグループ(以下、ソニー)の感動体験プログラム「見る・聴く・感じる!わくわくクラシック」ワークショップが開催され、小学1~5年生までの12名の子どもたちが参加しました。 

▽感動体験プログラムについて
▽見る・聴く・感じる!わくわくクラシックについて 

この日は「マリンバ」と「ホルン」を奏でる2名のアーティストをお迎えし クラシック音楽の魅力を目の前で体感できるプログラムの幕が上がります。 

体育館にアーティストが入場し、拍手が鳴りやんだところで演奏がスタート。曲は子どもたちもどこかで聞いたことがある「木星」。 目の前で聴く大迫力の演奏に子どもたちは真剣に聴き入っていました。

その後はそれぞれの楽器の音の特徴や、音の出る仕組みなどをクイズ形式で教えてもらいながらアーティストが奏でる演奏を楽しみました。クイズの途中では、「ええ?そういう意味があったの?」など驚きのエピソードも聞けて、楽器について知識を深めることで、クラシック音楽がぐっと身近な存在となったようです。 

後半はいよいよ楽器の制作体験!みんな雨の音を表現する楽器「レインスティック」の制作に挑戦します! 

「どういうふうにしようかなーー」と迷いながらも思い思いに制作に取り組み、世界でひとつだけのオリジナルレインスティックが完成した後は、みんな「レインダンス」という曲を演奏しました。プロのアーティストと一緒に自ら音を生み出し演奏する子どもたちの表情はひとりひとりとても輝いていました 

最後は曲に関する知識を高め、より興味がわいてくる豆知識を紹介してもらいながら、アーティストの奏でる表情豊かな曲を聴いて幕を下ろしました。 

本格的な生演奏や楽器を、目の前で聴いて、見て、参加することで、より音楽を身近に感じることができるプログラムとなりました。これからもたくさんの音楽に触れて、豊かな時間を過ごしてほしいと願います。 


実施場所/栃木県日光市放課後子ども教室

実施日時 / 2021年6月23日 

参加者数 / 小学生12名  

演奏者 / 福川伸陽(ホルン)、浜まゆみ(マリンバ) 

協力 / ソニー音楽財団「Concert for KIDS」  

 文:増田

Recently最新の記事