Blog活動ブログ

【コミュニティ】Kosugi 3rd Avenue 菜園プロジェクト 第1回「春野菜収穫イベント」

こんにちは、放課後NPO学生インターンの飯田です。

2021年3月14日(日)、「Kosugi 3rd Avenue 菜園プロジェクト 第1回」を実施しました。
このプログラムは、神奈川県川崎市・武蔵小杉にあるマンション内の菜園を活用し、ご入居されたご家族のコミュニティづくりを目的としています。

第1回目となる今回は、「菜花」と「のらぼう菜」という2種類の春野菜の収穫体験イベントを行いました。講師は、横浜市内にある15aの畑にて年間約30種の野菜を栽培されている相馬友子さんです。

まずは、2チームに分かれて自己紹介と好きな野菜の発表を行いました。
キャベツ、トマト、ナス、ダイコン、ジャガイモ、アスパラガス…
モロヘイヤが好きというお子さんもいて、各ご家庭からいろいろな野菜の名前が挙がっていました。

次は、外へ移動して、菜花とのらぼう菜に関するクイズに挑戦しました。
「葉っぱはどんな形?」「茎が赤くなってる!」
野菜をよく観察して、考え、野菜のことをたくさん知ることができました。

そして、講師からのレクチャーを受けて、いよいよ収穫です。
「こっちにもあるよ!」「手で折れるところは食べられますよ」
と声を掛け合ったり、講師にアドバイスをいただいたりしながら、皆さん夢中になって収穫をしていました。
袋いっぱいの野菜に笑顔があふれます。

最後に、調理の様子を実際に見ながら、講師に野菜の美味しい食べ方を教えていただきました。
料理を見ると、「美味しそう」「食べたい~」という声が。
教えていただいた調理のコツを生かして、おうちで楽しく食べていただけると嬉しいです。

プログラム終了後は、皆さん「楽しかった!」と収穫した野菜を食べるのを楽しみにされていました。
野菜を自分の手で収穫し、おうちでとれたての野菜を食べるということは、都市部では貴重な体験となるのではないでしょうか。
子どもたちのキラキラした目がとても印象的でした。

参加してくださった皆さま、講師の相馬先生、三井不動産レジデンシャルサービス様、ありがとうございました!

  • 実施場所/ Kosugi 3rd Avenue(神奈川県川崎市)
  • 実施日時/2021年3月14日
  • 参加者数/子ども9名、大人13名

当団体との協働を検討していただける企業・団体様は下記サイトよりお問い合わせください。
企業×NPO

文:飯田菜月/学生インターン

Recently最新の記事