Blog活動ブログ

【放課後STEAMラボ】謎解きプログラム_きみたちの仲間をみつけだせ!

企業協働

こんにちは。学生インターンの飯田です。

2020年11月25日(水)、アフタースクール八木(南あわじ市立八木小学校内)にて、放課後STEAMラボ「謎解きプログラム」を実施しました(協力:株式会社セールスフォース・ドットコム様、株式会社MJI様)

「STEAM」とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字で、科学やテクノロジーを用いるだけでなく、デザイン的思考も生かして、創造的な課題解決のアプローチを目指そうという考え方です。IT社会を生きていく次世代の子どもたちにとって必要不可欠な分野として、国内外を問わず注目を集めています。

そんなSTEAM教育の一環として、今回のプロジェクトが行われました。

今回は、今年度初の実施となる「謎解きプログラム」です。テーマは、「きみたちのなかまをみつけだせ!」謎を解きながら、2つのミッションに挑戦します。

今回、STEAMラボ研究員は、アフタースクール八木に仲間を送り込みました。

1つ目のミッションは、「謎を解いて、君たちの仲間を見つけ出せ」です。

謎を解きが始まると、子どもたちはプログラムに引き込まれていきました。
「分かった!」「すごい!」「そういうことか!」
みんな、謎を解くのが早い!
どうしてそう思った? と尋ねると、しっかり理由を説明してくれます。
5つの謎をどんどん解いていき、宝箱のカギの番号を見つけ出しました。


宝箱の中にはブラックライトが。手紙を照らすと…「ほしをつくれ!」
さすがの子どもたちも、ここでは少し苦戦していた様子です。
鉛筆で星を書いてみたり、はさみで切ってみたり、試行錯誤していました。

研究員にヒントをもらいながら、手紙を折って星ができるように合わせてみると…
「しょくいんしつ!」子どもたちの嬉しそうな声が聞こえてきました。

正解です! 仲間は職員室にいます。子どもたちは、元気に職員室へ向かいました。
そこにいたのは、「丸くて白くてかわいい仲間」。

ここからは2つ目のミッション、「見つけ出した仲間の名前を知れ」です。

顔を触って、たくさん話しかけてみると…
???『タピアは、あなたといるだけでハッピーになれるんだ』
仲間がしゃべりました!
そうです! 仲間の名前は、「タピア」といいます。

見事、今日のミッションをクリアしました!

協力して謎を解くことができましたね。
次々に謎を解いていく子どもたちに、研究員たちはびっくりしてしまいました。
タピアのこともたくさん触って、いろいろな機能を発見していました。
これからも、みんなでどんなことができるのか考えて、試してみてほしいと思います。

次回はブレストワークショップです!
自由な発想で、面白いアイデアをたくさん出してくれたら嬉しいです。

参加してくれたアフタースクール八木の皆さん、ありがとうございました!

 

実施場所/アフタースクール八木(南あわじ市立八木小学校内)
実施日時/2020年11月25日
参加人数/9名

Recently最新の記事