Blog活動ブログ

【上板橋第四小学校あいキッズ】一歩前に進んでいく子どもたちの成長

こんにちは!
上板橋第四小学校あいキッズです!

子どもたちが大好きなものスライム!
いつの時代にもスライムは子どもたちの心をつかむ力がありますよね。

大人気!スライムの先生をしてくれた、ある3年生の女子のエピソードを本日はお伝えしたいと思います。

ある日、"今日はスライムをつくる"と聞き、子どもたちは大はしゃぎ!「早くやりたい!早くして~!」とスタッフに何度も飛びついてきました。
その時、女の子が「私がみんなに教えてあげようか?」とその場を担当していた私に優しく声をかけてくれました。
とっても面倒見がいい子で、私も安心して「お願いね」と、その子に材料を渡してすべてお任せしました。


すると1年生の作り方が分からない子にも丁寧に一からそっと優しく教えてくれました。
「これを少しだけ入れてね、割りばしでよくかきまぜたら教えてね」

そんな姿を私はそっと近くで何も言わずに見守っていました。
スライムが完成する頃、その女の子が自ら「スライムで遊ぶ前にかたづけよう!その方がいっぱい遊べるから!」と呼びかけ、みんなで片付け始めたのです。自分たちできちんと片付けをしてから思う存分遊ぶ子どもたちは、心からその時間を楽しんでいました。

いつもなら大人が先に片付けるようにと言いがちですが、子どもたちも子どもたちなりに考えていることを改めて感じましたし、大人の声ではなく子どもの声でみんなが自発的に動く姿に、彼らの成長を垣間見てとても温かい気持ちになりました。

アフタースクールでは毎日たくさんの出来事が起こります。
お友達とケンカしたことや、言い争いになったこと。大人はどうしても手のかかる子に目がいきがちですが、子どもたちのちょっとした成長もそれと同じくらい毎日起きているのだと思います。

これからも子どもたちの些細な会話や小さな遊びから、一歩前に進んでいく子どもたちの成長を見守り続けたいと思います。

文・上板橋第四小学校あいキッズ/齋藤

Recently最新の記事