Blog活動ブログ

【稲浜アフタースクール】大切な子どもたちのために、豊かな放課後を

こんにちは。稲浜アフタースクールです。
寒さが厳しい日々ですが、子どもたちは元気に遊んでいます。

今回は、稲浜アフタースクールで今年度特に力を入れてきた「スタッフ企画」について紹介いたします!

スタッフ企画とは、その名の通りアフタースクールスタッフが企画・実行するプログラムのことで、市民先生にご協力いただくプログラムと同時に、現場スタッフの手作り感溢れるプログラムも日々実施しています!

例えば、最近行ったもので人気だったのが「おもしろ動画を作ろう!」というプログラム。色々な道具を使って、どうやったら面白い動画が作れるか、グループみんなで話し合います。

実は、このプログラムは二度目。昨年6月に実施したところ、「もう一度やりたい!」と言っていた子が多く、もう一度実施することを決めました。
私達も驚かされるほどでしたが、自分から「やりたい!」と言っていた子どもたちの成長はさすがなもの!


一度目はあまり参加できずに見ていることが多かった子が、積極的に話し合いに参加していたり、おとなしかった子が、「リーダーをやりたい!」と声を上げてくれたり。
子どもたちの素敵な一面をたくさん見ることができました。

他にも、12月末にはクリスマス工作を実施。
牛乳パックを使用して、オリジナル小物入れを完成させました。

子どもたちに、「お金をかけなくても工作は楽しめることを伝えたい!」という想いを持ったスタッフが、廃材を使ったプログラムをたくさん実施してくれています。
このように、子どもたちの意見や共に働く仲間の想いをもとに、スタッフプログラムを週に1、2回実施しています。

私たちがスタッフ企画に力を入れ始めたのは、子どもたちの一番側にいる仲間の視点、思いを大切にしたいと思ったからです。

遊んでいる中で耳に届く「今度は〇〇やってみたいな」という声。
子どもたちのキラキラした表情。
移り変わりながら日々を彩る様々なブーム。

子どもたちの側で過ごしているからこそ出会える、子どもたちの「やりたい」を吸い上げ、形にしていきたいと思ったのです。

自分の「やりたい」が叶うと、子どもたちのパワーにもなるはず。
だからこそ、稲浜アフタースクールのスタッフ企画は、誰かの顔を浮かべながら考えられたものがたくさんあります。


子どもの顔を思い浮かべ、一から企画を考え、実施することで子どもたちに伝わる熱意があると思っています。
地域の方や企業の方に来ていただいて普段できないプログラムが出来る日があったり、スタッフプログラムがあったり、自由に遊べたり・・・

大切にしたいのは、子どもたち自身が色々な選択肢の中から放課後にやることを選んでいけること。
これからも、子どもたち自身で楽しい放課後にしていけるよう、見守っていきたいと思っています。

文:稲浜アフタースクール/釣出

Recently最新の記事