Blog活動ブログ

【おいしい!野菜チャレンジ】野菜のおいしさ再発見!最強の野菜ジュースづくり

11月28日(木)、カゴメ様との連携プロジェクト「おいしい!野菜チャレンジ」を、静岡県伊東市立東小学校で実施しました。全国各地で実施をさせていただいている本プログラム、今回は5年生と6年生が参加してくれました。

 

「おいしい!野菜チャレンジ」は、野菜を知る・見る・触る・嗅ぐ、味わうことを通して、野菜を好きになるきっかけを作る食育プログラムです。野菜のおいしさや、体が成長するためには欠かせない大切な食べ物であることを伝えています。

プログラムの最初に、「昨日は何の野菜をたべた?その野菜はどんな料理に入ってた?」と子どもたちに聞いてみました。「みそ汁の大根!」「カレーライスのじゃがいも!」たくさんの料理に野菜は使われていますね。

続いて、箱の中身の野菜は何でしょう?? 野菜当てクイズです。秋の旬野菜が3種類、箱の中に入っていて、手で触った感触を頼りに野菜を当てます。

「手についてにおいも嗅いでみて!!」と、みんなに手のにおいを嗅いでもらいました。野菜もそれぞれ匂いが異なります。「これは○○のにおいだ!」と、においだけで野菜を当てる子も!

次は、ジュースのもとを味見します。おいしい野菜ジュースを作るためのもとになるものです。

「この中には何種類の野菜と果物が入っているでしょう??」

「酸っぱいからレモンかな?」「10種類くらい?」 味覚と嗅覚を研ぎ澄まして、入っている野菜と果物を想像します。

そしていよいよジュースづくりに挑戦します。

紫・オレンジ・黄色のジュースのもとに、トマト・パイナップル・にんじん・ぶどうのジュースを

を混ぜて、最強のジュースを作ります!

「ちょっとずつね、ちょっとずつだよ!!」みんな、真剣かつ慎重にジュースを配合していきます。

「さっきと味が変わったね~」「ちょっとうすくなった?」と、しっかり味見をしながら納得のいく味を作り出します。

完成後は、それぞれのチームの最強ジュースに名前を付けて、こだわりポイントを発表しました。

インフルエンザの予防に効きます! のどにやさしい! 全部入れたから栄養いっぱい!!など、各チームすばらしいこだわりを発表してくれました。

発表を聞いた後は、それぞれのチームのジュースを試飲しました。野菜が苦手な子も、「野菜ジュースなら飲める!おいしい!」と言ってくれました。自分たちで作ったものはより一層おいしく感じますよね。

そしていよいよ終盤、どのチームの最強ジュースがおいしかったか、みんなで投票をして決めます。

運命の結果発表・・・

見事1位に選ばれたチームの渾身のガッツポーズ!!

最後に参加してくれたみんなに認定証をわたしてプログラム終了です。

今回の「おいしい!野菜チャレンジ」のプログラムを通じて、野菜のおいしさ・食べ物の大切さを改めて知ってもらえたらと思います。

伊東市立東小学校の皆様、プログラムに参加してくれた子どもたち、そしてカゴメ様、ありがとうございました!

Recently最新の記事