Blog活動ブログ

【感動体験プログラム】1/30 ソニーグループWarp Square@上板橋第四小あいキッズ

企業協働

こんにちは!インターンの中谷です。

2019年1月30日(水)、上板橋第四小あいキッズにて、ソニーグループ様との協働プログラム「感動体験プログラム Warp Square」を実施、1~3年生19人が参加してくれました!

Warp Squareとは、ソニーの超短焦点4Kプロジェクタによる高精細の映像を4つの壁に投影し、音と映像による没入感を体感できるVR空間です。
「VR」と聞くとゴーグルのようなものを想像しますが、今回はスケールが違います!
部屋の中でまるごとワープして、たくさんの人と一緒に同じ空間にワープすることができるのです。
今回はなんと、その最新鋭の技術を駆使した「Warp Square」がアフタースクールに!

みんなに一瞬でさまざまな場所にワープしてもらいますよ!
そう聞いただけでもワクワクしますね。開始前から「今日、ワープするんでしょ?」「早く!早く!」とスタッフを急かす声もありました!

今回のテーマは、「魔法のカンドー王国 住む国を決めるのはキミだ!~ワープで世界の魅力を見つけよう~」です。
魔法の国、カンドー王国では100年に1度の引っ越しがあるけれど、どこの国に引っ越すか王様はとても悩んでいるそう。
そこで、子どもたちは3つの国について調査を依頼されたのでした。

まずは、調査する国を決めます!
炎、雷、氷の3チームに分かれ、カンボジア、バヌアツ、デンマークのうちどこか1か国について調べます。
どこの国になるのかな…?

このチームはデンマークに決定したようですね。チームの名前が書かれたカードに国旗を貼っています。
「デンマークってどこ?」そんな声が聞こえてきます。

ここから、チームごとに入れ替わり立ち代わり、ワープをしていきます。
ワープが待ちきれない!でもその前に!カンドー王国の家来から、王様に報告するための大きな用紙、その国のいいところを集めた「いいとこマップ」を完成するように指示が出されます。どんな良いところを発見してくれるかな?

こちらのチームは次のワープのために待機。「まだ!?」とはやる気持ちを抑えつつ、家来からワープ内での約束を聞いています。

暗い通路を通り、「瞬間移動装置」の中へ入ります。「あれ?ここっていつもの部屋?」と気づいた子もいましたが、今日は見慣れぬ巨大装置が部屋を埋め尽くしています!さあ中に入りますよ!ドキドキ…

座ってからも「おお~」と周りを見渡してたくさん観察してくれました。
待ちに待ったワープの瞬間!「せーの、」という家来の言葉に合わせて
「ワーーープ!」と声を揃えて早速ワープします!

一瞬にして目の前の景色が変わり、辺りは全くの別世界。
「きれい!」「すごーーい!!」

次は360度海に囲まれました!
子どもたちは辺りを見回しながら、目を輝かせていました。耳を澄ませば、水中の音も聞こえてきます。
「タイヤがある!」「船が沈んでる?」「魚は少ないね」と気づいたことを次々と言ってくれました。

今度はさっきよりも大きな声で「ワーーープ!」
カンボジアではポピュラーな乗り物、トゥクトゥクが見えます。ただ、子どもたちにとっては初めての発見。
見たことのない乗り物に興味津々でした!

ここはバヌアツにある、ポートビラマーケットという市場です。
数ある野菜や果物の中で、珍しい食べ物を発見し、指差しして教えてくれた子がいました。

「はい!はいはい!あれ知ってる!パイナップル!」
「惜しい!あれはドリアンっていう果物だよ!」
「ドリアンってなに!?」
日本ではなかなか見られない食べ物に出会えるのも、ワープの醍醐味です!

建物の中にもワープできます。

今度はデンマークの王立図書館へ!写真は現代アートの展示室です。図書館にこんなところがあるなんて!
「学校の図書館と全然違う!」「かわいい!」「壁が赤いよ!」
カフェや仮眠室などもあり日本との違いにビックリしたようでした。


発見したものがある人は教えてね!と聞くとみんな次々に手を挙げて教えてくれました。
大人も全く気付かなかったものをたくさん発見してくれました。みんな鋭い観察眼です!

図鑑調べやワープの体験の後は、みんなで王様に引っ越し先を勧める発表資料の準備。
何を見たか、どんなことに気付いたか、忘れないうちに家来に伝えて書いてもらいました。

どのチームも自分たちがワープで見てきた国のいいところを紹介しようと真剣です。

ここに貼る!名前書くよ!とみるみるうちにいいとこマップが完成していきます。

発表資料が早くできたチームは発表の練習もしています。
伝えたいことが多すぎて迷って困っちゃう!発表が楽しみです。


ついに、王様に自分たちが調べた国について紹介する時が来ました。まずは、バヌアツについて調べたグループから発表です。
火山や湖、滝など自然豊かなバヌアツの魅力を余すことなくアピールしてくれました!

次は、デンマーク!
カラフルな建物が多く、おしゃれな街並みが印象的でした。
クロンボー城の地下には巨人が眠っているという伝説も。。。気になります!

最後に、カンボジア!
世界遺産のアンコールワットをはじめ、お寺がたくさん!
金ピカの王宮は王様も気に入ってくれそうですね!

みんな上手に発表してくれました!

みんなの発表がよくて王様はどこに引っ越すのか迷ってしまった様子。
まだ、どこに引っ越すのかは決められないみたい…

さらに調査を進めるため
発表後には、プログラムには参加していない子どもたちにも瞬間移動装置を開放!

ワープを体験してもらいました!


楽しくて何度もワープしたいという子どもが続出です!
さあ、次のポイントに移動しよう!せーの!
「ワーーーープ!!」

 

子どもたちに日本の素晴らしい技術を体験してもらう機会を通して、技術開発への興味はもちろんのこと、国際理解や自主性を引き出す貴重な時間になりました。
子どもたちの興味は無限で、ワープを最後の最後まで楽しんでした表情がとっても印象的でした。
今回、参加してくれた上板橋第四小あいキッズに通う子どもたちと職員の先生方、技術を提供してくださったソニーの皆様、本当にありがとうございました。

Recently最新の記事