Blog活動ブログ

乞うご期待!放課後NPOブランディングムービー作成中!

今年も残りわずかとなった12月の後半、2日間かけて秘密の撮影を行いました。
団体初の、そして念願のブランディングムービーの撮影です...!(大興奮)

内容は完成・公開までのお楽しみですが、この2日間はきっとどんなに素晴らしい作品であっても画面からは伝わらない、もっともっとリアルでドラマチックな時間となりました。その舞台裏をほんの少しだけご紹介したいと思います。

そもそも放課後という時間は子どもたちにとって、こんな想いを叶える時間です。
・友達と思い切り遊びこみたい!
・新しいことにチャレンジしたい!
・誰かのために頑張りたい!

この物語は、大切な人のためにみんなで奮闘しながら頑張る子どもたちが、小さな奇跡を起こす物語

お話の中で子どもたちが挑戦していることは、日々彼らが本当の世界で頑張っていることでもあり、その成長を知っているからこその感動が撮影中、私たちの胸をどれほど熱くしてくれたかわかりません。

子どもたちはとっても頑張り屋さんです。
お友達のために、応援してくれる家族のためにいつも一生懸命。
うまくいかないと泣いてしまうこともあります。
それでも自分の力でちゃんと心を整えて、最後は最高の笑顔を見せてくれました。

また、この撮影を通してこれまで知らなかった一面を見れたり、得意なことを活かしてプロの方に褒められたことで自信に繋がった瞬間もたくさん見ることができました。
子どもたち一人ひとりにドラマがあった2日間。すべての子どもたちに盛大な拍手を贈りたいと思います。

この撮影は、放課後NPO初の自主運営校(放課後NPO職員が直接運営をするアフタースクール)である湘南学園小学校にて行われ、先生方や保護者の皆様、ご関係者各位の多大なるご協力のもと無事に行うことができました。ご迷惑をおかけすることも多々あり、それでも最後まで見守ってくださった皆様には一同本当に感謝に絶えません。

この企画がスタートし、初めて先生方へご相談に伺った際、絶対に湘南学園様で実施したいと思える印象的な出来事がありました。
先生方が、いつもアフタースクールに来てくれる子どもたちの小さかった頃の写真を見て「わぁ、◯◯ちゃんがまだこんなに小さい!この頃もとってもかわいかったわね〜、今はこんなことやこんなことができるようになったものね」と子どもたち一人ひとりについて本当に愛情深くお話くださり、その場は言葉に表せないような、うっかりすると涙が出てしまいそうな温かい時間が流れました。
この先生方と一緒に子どもたちを見守らせていただけることを誇りに思い、また改めて幸せを感じました。

撮影終了後、保護者の皆様からは「帰宅後、子どもが撮影のことを嬉しそうに話してくれました!貴重な機会をありがとうございました!」と喜びのお声をいただき、大変励みになりました。
年末のこの時期にイレギュラーな形で子どもたちに参加いただいたことでご予定を調整くださったご家庭も多くあったと思います。
それでも"参加できてよかった"と子どもたちがずっと思ってくれるように、そして"アフタースクールがあってよかった"と感じていただけるように、この感謝の想いをこれからも恩返しし続けたいと思っています。

湘南学園小学校様、保護者の皆様、ご協力くださった皆様、そして最高の子どもたち、
撮影にあたり、ご協力くださったすべての皆様に、心から、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました!

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

Recently最新の記事