Blog活動ブログ

【コミュニティ】親子でSUP! BIG SUP!

イベント

こんにちは、学生インターンの土岐です。
7月7日、七夕の日に検見川浜にて「親子でSUP! BIG SUP!」プログラムが行われました。

ビーチヨガに続く、海のプログラム第2弾!前回はビーチの風の心地よさの中での活動でしたが、今回は今大人気のSUP=スタンドアップパドル・サーフィン。

ハワイ発祥の大きなサーフボードに乗ってパドルで漕ぎ出す、注目のスポーツ体験で、いよいよ海に繰り出します!

とても晴れやかな日で気持ちが良かったです。

そして今回のプログラムも検見川浜で海の活動といえばのTritonさんが講師として協力してくださいました。


よろしくお願いします。

さてプログラムスタートです。

よし早速、海に入ってSUPを漕ごう!と言いたいところですが…

まずは元気に準備体操から。
1、2、3!

しっかりと体を動かす準備ができたところで、次に道具の紹介が行われました。


みなさんが持っているのは「パドル」と言います。

棒の部分が「シャフト」、キノコのようにぷくっとしてるのが「グリップ」

そして反対側は「ブレード」と言うそうです。

ボードの説明も丁寧に行ってくださいました。

道具を知ったところで、いよいよ練習です。

まずはボードの乗り方から。

パドルを前に置いて腕立て伏せの要領で身体を持ち上げてボートに乗るのがコツだそうです。

「あれ?ちょっと難しい」

一番はじめのポイントですが、バランスをとる難しさを感じました。

ボートに乗ったら漕ぐ練習です。まずは、座り漕ぎ。


パドルは両手ともシャフトを持ちます。

前から後ろ前から後ろに漕ぐそう。

ここでのポイントは海面に垂直に突き刺し、ボードに対して平行に引くこと!


みなさん頑張っていました。

座り漕ぎに慣れてきたところで次は立ち漕ぎの練習です。


パドルを前に置いて足を持ちての両脇に置き、すっと立ち上がります。

立ち漕ぎの時は、上の手はグリップに置きます。

水面と腕の距離で、漕ぎやすい持ち方が違うんですね。

当たり前のことだけど、練習することで、頭も身体もすんなり理解できました。

さて、陸での練習で基本を掴み始めたところで、

いざ、入水です!




最後に集合写真をパシャリ。

最初は海に入ることをこわがったり、おっかなびっくりだったりした子どもたちも、
最後には満面の笑みで「楽しかった」と言ってくれました。

苦戦したお父さんも、楽しくって仕方なかったお母さんもみんなで一緒に、
自分の住む街の海の楽しさを満喫できた1日となりました。

みんなでBIGSUPに乗って、協力しながら漕ぐという海の活動を通して、
新たなご家族同士の交流も生まれ、とても良い時間を過ごすことができました。

参加してくださったご家族のみなさん、

ご協力してくださったTritonのみなさん、

本当にありがとうございました。

次回もみんなで楽しめるプログラムを企画しております。

楽しみに待っててくださいね!

Recently最新の記事