Blog活動ブログ

【食】食品衛生プログラムin 上板橋第四小学校あいキッズ

こんにちは!インターンの天田です。

上板橋第四小学校あいキッズにて、大塚食品様「ボン王子の王冠を取り返せ大作戦!」プログラムを実施しましたので、その様子をお届けします!

このプログラムは、クイズを通して、食品衛生・食中毒予防の知識を子どもたちに学んでもらい、レトルト食品の安全性などについて体感してもらうプログラムです。

この日、集まった子どもは、36人。みんな部屋にはいると、「何するんだろう」「今日カレーについてやるんでしょ」とワクワクした様子。

さっそくプログラムがはじまると、あら大変!ボン王子が怪盗ウェルシュ菌に王冠を取られてしまいました。みんなで王子を救うために、力をあわせてクイズを解いていきます!

「きんが増えやすい温度は何度でしょうか?」という3択のクイズでは、みんな積極的に手を挙げていました。

「ちょうどいい温度だと増えるんじゃないかな?」

白衣をきた「博士」が正解を発表すると、各チームから嬉しそうに「やったー!」「あってたー!」という声が聞こえます。

博士が正解の理由についても話してくれると、「そういうことか」と子どもたちも耳を傾けていました。

間違い探しのクイズは、チームで一緒に考えます。

みんな真剣な表情です。

「お肉をおきっぱなしだと菌がふえちゃうから、こっちの方が間違いな気がする」と、見つけた間違いの理由についても話していました。

クイズで、怪盗をやっつけて、無事、ボン王子の王冠を取り戻すことができました!
クイズに全問正解したみんなにはボンカレーを食べるご褒美が!

今日学んだこと生かし、しっかり手を洗って、いただきます!

「ボンカレー、美味しい!」
たくさん考えたあとは、お腹が減っているのか、黙々と食べていました。

お腹がいっぱいになったところで、ボンカレーがどうやって作られているかも、教えてもらいました!

実際にレンジで、カレーが温まって、袋が膨らんでいく様子に、「うわあすごい!」と釘付けになる子どもたち。

「このカレーは、僕でもかんたんに、あんぜんにカレーを作れるんだね!」と喜んでいる様子に、私も嬉しくなりました。

「ご飯の前は手を洗いなさい」「賞味期限は守ってね」と知識のみが教えられる中で、今回はクイズを通して楽しみながら、安全に食べるための知識とその理由を子どもたちは吸収することができていました!ぜひ、学校やお家で他の人にも、今日学んだことを伝えていってほしいなと思います。

大塚食品様、上板橋第四小あいキッズの参加してくれたみんな、そしてスタッフの皆様、ありがとうございました!

Recently最新の記事