Blog活動ブログ

【平岩】大雪の日に感じたこと

代表理事の平岩です。

昨日は本当にすごい雪でした。
記録的な雪が降って、感じたことがあります。

「大雪が降って、昔の日本の風景を見た」

ということです。

(1)地域の助け合い

大雪明けの日曜日、
色々なところで雪かきが行われていました。

Photo_3

Photo_4

私も参加しました。
やっているうちに、
「自分の家の周りで誰かが滑ったら申し訳ないよな」
というような気持になってきました。

久しぶりに隣の家の人々とも挨拶しました。

「いやぁ大変でしたね」と笑い合いました。

お隣と、こういうの初めてだったかもしれません。

当日は選挙もありました。

Photo_5

そこでもまた雪かき一緒にした人と顔を合わせて
「こんにちは」

地域のつながり、一体感を感じました。

「こういうの久しぶり、大人になってから初めてかも」

と思っていました。


家の前の落ち葉を掃く、

隣の家と助け合う、

小学校に向かう子どもと挨拶をする。

昔はよく見られた光景でした。

(2)地域が子どもで賑わう

久しぶりの大雪、子どもたちは喜びました。
まさに風の子、寒いのなんてお構いなしです。

Photo_6

日曜日の公園も子どもでいっぱいでした。

親たちは雪かきで忙しく、子ども中心で遊んでいました。

小さい子を近所のお姉ちゃんが面倒見てくれています。

いつもはこの公園、子どもがいなくて寂しいんです。。

Photo_7

Photo_8

高学年の子どももいました。

聞けば6年生、

「受験が終わったので、いくらでも風邪ひいていいって言われた」

「公園で遊ぶの久しぶり!」

Photo_9

楽しそうでした。

確かに高学年の子どもをこの公園で見るのも久しぶりでした。

(と感慨にふけっていたら、2人ほど襲いかかってきました、逃げろ~)

Photo_10

Photo_11

行き止まりの道路でも子どもが遊んでいました。

今日は車が少ないから、安心して遊べます。

Photo_12

「こういうのあったなぁ、道路に落書きしたっけ」

と思っていました。

子どもの声でいっぱいの公園、

異学年で遊びガキ大将がいる、

地域を遊び場にする。

これも昔はよく見られた光景でした。

大雪が降って、

地域が助け合い、

地域が子どもの居場所になっている

「昔の日本の風景」を私は感じていました。

しかし、

あの頃はよかった…と言っているばかりではいけません。

私たちは、

日本が古来から培ってきた

「社会で子どもを育てる」

そんな日本人の精神を

アフタースクールにいかして、

現代にあった『子どもたちの楽しく学びのある放課後』を作りたいと思います。

皆さん、頑張りましょう!!

(おまけ:雪を川に投げる遊びを開発した子ども)

「見ててね」
Photo_13

「せーの」

Photo_14

「えいっ!」
Photo_15

「どぼ~ん! どうかな?」
Photo_16


こちら私の息子君(5歳)でした~

みなさん、また遊びましょうね。

「アフタースクール、全国で!」
~私たちは日本の小学校の放課後改革に挑戦しています~
http://www.npoafterschool.org/

********************************************************************

放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。

よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。

Facebookhttp://www.facebook.com/npoafterschool

Twitter@npoafterschool

Recently最新の記事