Blog活動ブログ

【学び】子どもだがしや2012 in 東京ミッドタウン

こんにちは!アフタースール18号です。
8月1日に、赤坂・青山子ども中高生共育事業で子どもだかしやを六本木ミッドタウンで行ってきました。
子どもたちが、自分達でだがしやをする、とっても楽しいプログラムです!
今年で3年目になります。
今回の市民先生は、青山にある中村園の坂本さん、そして赤坂にある松月の西尾さんです。
今日初めて会った子もたくさんいるなか、みんなとても緊張した雰囲気ではじまりました。
20120801_101331
まずは坂本さんからお話しです。
どのようにお客さんに商品を買ってもらえるか、たくさんポイントを教えてもらいました。
できるだけお客さんと会話するようにすることや、商品は限定品や人気ナンバー1にすると注目が集まることなどを教えてもらいました。
20120801_102346
笑顔の練習、「いらっしゃいませ!」などの呼び込みの練習もしました。
みんなとても緊張して、声がでません。
さて、本番はどうなるのでしょうか。
20120801_102728
お話しを聞いた後は、実際に商品を飾るための配置や装飾などを考えて作っていきます。
まずはじゃんけんをして、赤・青・黄の3チームでそれぞれどのだがしを売るか決めます!
みんな自分達が売る駄菓子に興味津々です。
20120801_104731_2
装飾どのようにしたら、お客様の視線が集まるかしっかりと考えながら作っています。
あまり情報を書きすぎて、お客様とお話しできなくなるのを避けて、載せる情報も絞っています!
20120801_111837_2
20120801_112100
お昼ご飯を食べた後はいよいよ本番です!
練習の時が嘘のように、みんな元気に声を出して呼び込みをしています。
中には、出張をしてミッドタウンの中をホポスターを持ち声を出しながらの呼び込みをする子もいました。
地下一階から四階まで、全てのフロアを何周も歩きました。
20120801_130313
20120801_132426
20120801_132839
たがしやのお客様は、家族連れやお友だち同士、カップルなど色んな人が来てくれました!
中には、呼び込みをされてミッドタウンで働く人も買いに来てくれました!
子どもたちが、だかしを買いに来た子どもに接する時も、きちんと対応をして優しく話しかけていました。
20120801_134416
20120803_133657
20120801_153619
みんな「喉が痛い!」といっていましたが、最後までだがしを売るため声を出していました。
商品を渡す時も、きちんと両手をそろえて「少々お待ちください」と声をかけていました。
20120801_133533
20120801_132330
最後に三チームの合計点数が発表されました。
中間発表では、一位赤で三位黄だったのが、大逆転をして一位が黄チームになりました!
これは、中間発表のあとの「高い商品をオススメ商品にしよう!」という作戦会議をしたのがポイントのようです。
20120801_161343_2
市民先生の西尾さんから、コメントをいただきました。
「一度休憩した後は、すごく上手になっていました。
普段使わないようないかがでしょうか?やご覧になってくださいという言葉も使えていましたね。」
と褒められてみんな嬉しそうでした。
20120801_161559
「とっても楽しかった!」と口ぐちに言いながら、余っただがしを嬉しそうに持って帰っていました。
だがしやをやっている時の子どもたちは、目がキラキラしており、輝いていました。
これからも、このようなプログラムを届けていけたらなと思います。

Recently最新の記事