人と地球の健康を考える 食育プロジェクト

その2 身近な食から未来の地球を考える 油脂プログラム

油脂プログラムとは?

身近な食から未来の地球を考える。身近で使われているパーム油の存在と有用性を知るとともに、パームを取り巻く環境を学びます。パームがどのような場所で育ち、どのようにして自分たちの身近な食べ物に使われるのかを学び、また、その過程で生じている課題についても知ることで、食を通して環境の課題に関心を抱かせます。

不二製油従業員が先生となり、楽しく学習を進める、オリジナルのプログラム。

※本プログラムは、複合的に「社会と食」を学ぶことができる内容となっており、
特に小学校学習指導要領『総合的な学習の時間』や『社会』を学習する際にご活用頂ける内容となっております。

授業内容

出前授業 「○○のヒミツを探れ!食べ物探偵団」ってこんなプログラム!

身近で使われているパーム油から、未来の地球を考える出前授業。
訪問型もしくはオンライン型で開催します。

概要

  • 所要時間

    45分

  • めあて

    身近な食を通じて、環境の課題に関心を持つ

  • 実施単位

    1クラス(最大約30人)/回 ※30人を超える場合はご相談ください

  • 対象

    小学校全学年
    (小学校授業・学童保育・放課後活動など、小学校および小学生を対象とした活動をしている団体)

  • 開催地区

    訪問型/大阪・東京近郊 (※その他の地域もご相談ください)
    オンライン型/全国

  • ご用意いただくもの

    スクリーン・机・椅子・黒板もしくはホワイトボード
    (オンライン機器一式は事務局で準備いたします)

  • 受講料

    無料(一切費用はかかりません)

※オンライン型の場合は、現地の接続の対応等ご協力をお願いすることがございます。
※日時、環境によっては、実施できない場合がございます。

プログラム詳細

  • 導入

    油当てクイズや、パームの実のサンプルに触れながら、植物の実からできる油があることを知ります。

  • 体験活動

    パームについてまとめた動画を視聴したのち、クイズをしながらパームのヒミツにふれていきます。

  • まとめ

    パームの課題からさらに発展し、世界中で起きている様々な問題を解決するための活動(SDGsなど)について学びます。

pagetop