Newsお知らせ

【プレスリリース】ICTの活用×地域連携による放課後活動の充実を目指して愛知県津島市の放課後事業を放課後NPOアフタースクールが継続支援!

特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール(本部:東京都文京区 代表:平岩国泰)は2022年5月16日付けで、愛知県津島市(市長:日比一昭)の放課後子ども教室事業の支援を目的に「子どもたちの放課後等の時間をより豊かにするための連携協力に関する協定」を締結いたしました。

■子どもたちが主体的に選択し、多様な体験を得られる放課後のモデル展開を目指して
放課後NPOアフタースクールは、「放課後はゴールデンタイム」というビジョンを掲げ、子どもたちの安心・安全な場での多様な体験と主体的に過ごせる放課後を、日本全国で実現することを目指し活動しています。昨年度に引き続き、愛知県津島市の放課後がICT活用、地元企業の連携等によって活動充実するとともに、このモデル事業が他地域へ展開していくことを目指して支援してまいります。なお、本支援は公益財団法人日本財団の助成事業として2022年度に実施するものです。

■ICT活用と地域人材・企業連携による活動の発展を目指して
津島市では、地域の協力を得て「放課後子ども教室推進事業」(※)を実施しています。本支援では、津島市と放課後NPOアフタースクールが連携・協力することで、ICTを活用した多様な体験の提供、また地元企業と連携したプログラム開発で活動の一層の充実及び、その成果を市内全域に展開することを目指します。スタッフの人材育成とともに、地元地域の魅力を放課後子ども教室の発展につなげ、子どもたちの郷土愛の醸成もはかってまいります。
※放課後に安全かつ安心な活動の場として学校施設を活用し、地域住民の協力を得ながら、さまざまな体験・学習交流を通じて、子どもたちが社会性や創造性をはぐくむための場を提供する事業

【本件に関するお問い合わせ先】 
放課後NPOアフタースクール 広報:鈴木
press[at]npoafterschool.org
※[at]を@にご変換ください。

■本リリースのPDFデータはこちら

お知らせTOPへ