Newsお知らせ

【取材案内】自治体向け研修会開催!全国の放課後事業を担う自治体担当者と共に、未来を生きる子どもたちのための放課後を考える

取材案内

この度放課後NPOアフタースクールは、学童クラブ等を管轄する自治体の放課後事業担当者を対象に「放課後を支える人材と育成 ~新・放課後子ども総合プラン推進の課題とヒント~」と題した研修会を2021年8月4日(水)にオンラインにて開催いたします。

■地域のために、子どもたちのために!自治体と共に放課後について考える理由
世間では、保育園の待機児童数が注目されがちですが、2020年の厚生労働省の調査によると、今や学童保育の待機児童数がそれを上回っています。放課後NPOアフタースクールは、10年以上積み上げてきた放課後現場の運営力やノウハウをいかし、各地域で持続できる形で取り入れられるように自治体をサポートすることで、全国の放課後が子どもたちにとってより一層豊かになっていくことを願い活動しています。
今回は、これまでの自治体担当者へのヒアリングから見えてきた課題の「放課後現場で働く人材の育成」や「学校活用する上での環境設計」に焦点を当てて、今後の方向性を自治体担当者の方々と共に考える研修会を開催することで、自治体の力で放課後事業を推進・発展させていくきっかけとなることを目指します。

【開催概要】
・日時:2021年8月4日(水)10:00~12:00

・内容:
[第1部]基調講演(30分)「大切にしたい放課後の価値」

  明石要一氏(千葉敬愛短期大学学長・千葉大学名誉教授、教育社会学)
  進行:平岩国泰(放課後NPOアフタースクール 代表理事)
[第2部]人材育成と連携事例(60分)
 ① 放課後NPOアフタースクール直営拠点の事例紹介
  ~一体型・学校を活用した放課後子ども教室の現場から~
 ② 自治体担当者様より 放課後事業の変革事例紹介
  神奈川県鎌倉市、兵庫県南あわじ市
[第3部]講評(15分)
  文部科学省 総合教育政策局 地域学習推進課
 ※内容・時間詳細は一部変更になる可能性があります。

・開催方法:オンライン会議システムZoom
・対象:自治体の放課後事業ご担当者、放課後事業に関心のある方
・参加費:無料
・定員:100名(先着順)
・助成:公益財団法人日本財団

▼より詳しい情報はこちらのプレスリリース(PDF)よりご確認ください。
http://npoafterschool.org/wp-content/uploads/2021/07/20210715_PR_zititaimuke.pdf

■本件に関するお問い合わせ先
放課後NPOアフタースクール 広報担当:鈴木・太田
press[at]npoafterschool.org
※[at]を@にご変換ください。

お知らせTOPへ