Blog活動ブログ

【被災地支援】復興アントレプレナー 2014 – 15 in福島郡山day 5

こんばんは!アフタースクール事務局の藤原です。
先週の土曜日14日はついに復興アントレプレナー、福島チームが販売!
応援に来て下さった皆様ありがとうございました!!
前日からの様子と合わせて皆様へご報告させていただきたいと思います。
***************************************
13日夜郡山駅にて一団は待ち合わせをし、新幹線で移動開始。
私は東京駅より合流。沢山の人たちの中、新幹線中央改札でみんなの顔を見つけたときは嬉しかったです。地下鉄で霞ヶ関駅を経由して赤坂駅のホテルへ向かいます。金曜の夜ということで東京駅は地下鉄も大混雑。ホテルに到着して、明日の時間を確認。そのとき腕からちらっとミサンガが見えました。

藤原「あ!可愛いね!」
Cさん「これ、来れないDちゃんが郡山に見送りに来てくれたときにチームにくれたんですよ!」
藤原「!!嬉しいね!明日絶対頑張ろうね!」
3週程前に会ったばかりのメンバー、短期間でこの結びつき、すごいですね。
10979239_10205022447874718_552026740_n翌朝迎えにいくと、「昨日は興奮して結局寝れませんでした!」「ラッピングをやってました!」「緊張してきてみんなで世間話して過ごしました」と…。ややハイテンションな皆、あまり寝ていないのは心配ではありましたが期待とやる気に満ちあふれている様子。
11012269_10205022447834717_834546742_nマルシェについて準備開始!強風です!
IMG_9628あっと言う間に時間がすぎ、開店前のマルシェ全体ミーティングに参加しました。
IMG_9634さあ開店!
IMG_9645
IMG_9663
手のこんだPOPが並びます。プログラム時間外、商品についての詳しい説明も学校で調べて写真も印刷して貼ってあります。福島の名産品を知ってもらいたい。覚えてもらいたい。是非味わってもらいたい。その一心で用意してきたのが伝わります。
IMG_9630
IMG_9641
寒さが厳しくお客さんの数が少ない状態が続きます。しかしめげずに、通りすがったお客様に声をかけます。始めは声が出なかった子も徐々に声が出ます。近づいてきてくださったお客様には一生懸命商品を案内します。どのような食べ方をすると美味しいのか、どれだけみんなにとって身近な商品かを説明しました。
IMG_9653
IMG_9659IMG_9671
途中で他店舗視察!順番に他の店舗を見て回って、良いところをメンバーに共有。
「半額くらいに値下げしてあった」「箱に入っている商品も中身1つだけでも出した方がいいと思った」「平積みではなくてたてて並べよう」「お客さんが多いお店は店員さんの笑顔が素敵だった」すぐにお店のレイアウトを変えて活かします。価格変更にも取り組みました。
IMG_9651
4時間の販売の後には売上計算と片付け。
IMG_9681自然と役割分担出来ている様子がチームワークの良さを物語っているように思えました。
IMG_9685
振返りはこのプログラムをご支援いただいているバークレイズ証券様のオフィスで行います。
素敵な眺めに皆うっとり…。写真撮影もさせていただきました。結果発表、両チーム利益は出ず、赤字。厳しい結果となりました。数字は厳しかったけれどもよかった部分も沢山ありました。各自よかったところ、改善したいところを書き出します。
IMG_9690IMG_9702IMG_9703
チーム内で共有し、まとめて発表。
よかった点としては
「POPを写真つきにしたので一目で何が売っているのかわかりやすかった」「おすすめを決めていたので説明できた」「いかにんじんが売れてよかった」「心を込めて接客出来た」「丁寧に挨拶できた」「看板のデザインが季節にあっていた」
改善点としては
「お客さんに商品について聞かれて一瞬かたまってしまったり、答えられなかったことがあった。もっと商品について説明できるようにしておけばよかった」「役割分担が最初うまくできず、接客の際、手際が悪かった」「(売上計算にミスがありやりなおしたため)最初から何が何個売れているかカウントしておくべきだった」

「来年もまた参加したい。次は絶対完売させたい。利益を出したい。」という声があがった振り返りでした。

それぞれの振返りを行った後には、特別にバークレイズ様のオフィスツアーへ。あまりにも広いオフィスと多くのPCの画面。英語で名前を表記されたデスクに、みんな「海外のドラマみたい…」と圧倒されている様子でした。IMG_9721

バークレイズの濱田様には御礼に「ハートの玉羊羹」を渡しました!!
IMG_9715

売れるだろうと思っていた商品が中々売れなかったり、自分たちの予想外の展開も多く発見もありました。またラジオを聞いてお店に来て下さったお客様や福島出身の方が足を止めて懐かしいと言って商品を買って下さったこと、お買い物をしてくださった上に差し入れもくださった方がいたこと・・・。応援しているよ、頑張ってね!と声をかけてくださる沢山の方との出会いもとても貴重な経験となりました。皆の顔はどこか大人っぽくなったように感じました。

IMG_9729とてもいい笑顔の集合写真。初めての経験に皆それぞれ持ち帰るものがありました。悔しさもあり、楽しさもあり、自信もつけて帰っていきました。1つの目標に向かって初対面のメンバーが力を合わせることで新たな友達、繋がりができた事もよかったのではないかと思います。

プログラム全体の感想としては
「東京に初めて来て不安だったのですがすごく楽しい1日だった」「自分も呼び込みで声を出せてホッとした」「仕入れをして売るという小売業の全体の流れを理解できた」「考えぬく機会をもらえてよかった」「うまく伝えられなかったけど、伝えたい!と心から思った」「他の高校の人と交流できたし、自分に足りないところがわかった」「自分の意見や考えを言う事ができた」それぞれに気付きや学びが多くありました。

福島で初の復興アントレプレナーが終了いたしました!参加した皆様お疲れさまでした!
バークレイズ様、本当に貴重な機会をありがとうございました!ビーンズふくしまの中鉢さん、小林さん本当にありがとうございました!

Recently最新の記事