Blog活動ブログ

【住】ぼく、わたしたちの秘密基地@JIYUアフタースクール①

こんにちは。
アフタースクール5号です。

先週の金曜日から、
お手伝いしている自由学園JIYUアフタースクールにて、新しいプログラムが始まりました!

その名も「ぼく、わたしたちの秘密基地!-
学校でつくる自由な空間ー」。

P6210672

複数回の連続プログラムで、
前期は8月末まで実施し、最後にダンボールで自分たちの自由な空間をつくります!

講師は、シーラカンスK&H(株)の工藤和美氏と東洋大学工藤ゼミの学生さんたち。

工藤さんは今や学校建築で大注目の建築家さんです。
http://www.coelacanth-kandh.co.jp/

東洋大学の教授もされており、
今回は東洋大学の工藤ゼミの皆さんも来てくださいました!

まず最初に、工藤さんから今回のプロジェクトのテーマを発表していただきます。

「最後に自分たちで木造の建物をつくります!」

P6210677

最終的には木造となりますが、
本日は段ボールで自分たちの好きな空間をつくってみます。

これがまた面白いんです。

12人の参加者が3チームに分かれて、それぞれ自由につくるのですが、
テープに夢中の子、それからメジャーに夢中の子もいるんです。

「これ何センチ?」とひたすら長さを計算し、チーム仲間に伝えます。

P6210683

P6210686

1年生もいますが、果敢にカッターにもチャレンジ。

しっかりと大人がサポートし、安全に配慮します。

工藤さんも一緒になって子どもたちの空間づくり。

P6210695

「ここ窓にしたらどう?」「ここ屋根をつくっていい?」
とグループ内で相談して空間をつくっていきます。

P6210696

P6210702

溢れんばかりのダンボールから、子どもたちがそれぞれ好きなものを選び、
あっという間に作品ができていきます。

下記の作品、30分ちょっとでできたもの。

子どもたち、いや自由学園の子どもたちだからこそできる、
爆発的な作品です。

P6210704 

P6210705

窓があったり机(椅子が収納できるようになっています!)があったり、
のぞき穴があったり、屋根が三角だったり、フレームワークは一切なし。

各所に子どもたちならではのこだわりが出現しています。

「次回は模型を作りますよ!」

次回は、今回の作品をベースに、小さなモデルをつくります。

工藤さんと東洋大学の皆さん、本当にありがとうございました!

Recently最新の記事