Blog活動ブログ

【学び】帰って来たアルビオン!

こんばんは。
アフタースクール5号です。
金木犀の香りがする季節になりましたね。
さて、本日は高級化粧品を扱う
アルビオンさんとのプログラム!
昨年に引き続き大好評のプログラムが、
今年も帰ってまいりました。
講師の皆様は、
社会貢献と化粧品研究の方々合わせて9名。
皆様白衣を着てくださり、
教室の理科室が研究所に大変身いたしました!!!
タイトルは「ハンドクリームで科学しよう!」
午前中に低学年、午後に高学年を対象に、
ずらりと揃った子どもたち。
20111001_104107
まず初めに、
アルビオンさんの企業のご説明をしていただきます。
子どもたちは化粧品というと販売員をイメージしますが、
その他化粧品を研究する人、化粧品をつくる人、
今回のようなプログラムを行い社会に貢献する人など、
実に様々。
では早速実験開始。
本日はアルビオン監修の特製ハンドクリームをつくります。
机に並べられた6つのビーカーと一本のスポイト。
これらがハンドクリームの原料となります。
20111001_103334_2
「ではAとBを混ぜてみましょう!!」
とメイン講師の小平先生の声で、
一斉にみんなが動き始めます。
昨年に引き続き、小平先生がリードをしてくださいます。
笑いを交えながら楽しく進む実験。
20111001_105040
さあ、AとBは混ざるでしょうか!
「混ざらない!」と子どもたちからの大声。
20111001_105616
この2つは水と油で、
2つは通常混ざりあうことはありません。
そこで現れたCのビーカー。
これをそっと先ほどのビーカーに注ぐと・・・
あら不思議!
「あれ!白くなった!」との声が!
20111001_105701
混ぜれば混ぜるほど色が白くなっていきます。
「牛乳みたい」とある子が発言しておりましたが、
実は牛乳もそのようです!
20111001_110142
後で先生方が説明してくださいましたが、
実は牛乳も水と油が混ざったものなのだそう。
さて、子どもたちは魔法のクスリに興味津々。
最後の質問タイムで、
「界面活性剤」と小平先生黒板に書き、
「○を水、にょろにょろが油とすると、
界面活性剤は両方を持っているので、
2つをつないでくれるのです。
つまり、○とにょろにょろが界面活性剤なんです。」
そう説明してくださいました。
一見難しい内容ですが、
非常にシンプルにわかりやすく説明してくださいます。
それから謎のD、Eの液体を混ぜ、
そこに先ほどの液体と混ぜるとハンドクリームが完成です!
DとEは残念ながら秘密だそう。
そう言われるとなんだか知りたくなりますね。
20111001_111450
つくったハンドクリームを、
子どもたち、ひたすら腕や脚に塗りたくっております!!
それから、
ハンドクリームを顕微鏡でチェックしてみました!
水の中に対象様々の丸い粒の油が点在しております!
行列に並ぶ子ども研究者。
20111001_112215
最後はつくったハンドクリームを塗って、
お肌の水分と油分を専用の機器で計ってみます!
塗る前に50くらいだったが、
ハンドクリームを塗ってみると100を超える数値が!!
油分も同様にハンドクリームの効果が目に見えて分かります!
20111001_113208
20111001_113500
あっという間に実験が終了。
最後に質問タイムを設けたところ、
謎の液体C、D、Eに関する質問がございました。
”なぜそうなるのか”を探求するきっかけになるのが理科実験のよさ。
自分から生まれた”なぜ”を最終的には、
”これこれこういうこと”と相手に説明できるようになれば、
アルビオンの一人前の社員さんになれるかもしれません。
また私も、
界面活性剤に負けないほどの、
市民と子どもたちを上手につなぐコーディネーターと
なるべく今後も奮闘いたします。
昨年に引き続き、
プログラムをご一緒させていただいたアルビオンさん。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

Recently最新の記事