Loading...

企業×NPO

Problems / Solutions取り組む社会課題・
実現したいこと

今、社会全体で子どもの教育に取り組むことが求められています。私たちと一緒に子どもたちの明日を変えませんか?

日本の子どもたちが抱える課題

日本の子どもの心の課題は深刻です。孤独感や自己肯定感、チャレンジ意欲では、いつも世界の中でかなり低いレベルであることが指摘されています。さらに経済格差が体験格差につながっています。

どの家庭に生まれた子どもにも、のびのびと自由に、豊かな体験の出来る放課後を届けてあげたいと強く願っています。

共に持続可能な世界を目指して

国際社会共通の目標「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」=SDGsの採択により、世界的にも社会課題解決の機運が高まり、投資家、株主、顧客にもそうした意識が求められるようになってきました。その影響を受けて、企業の中でもCSR、CSVを専門に行う部署が増え、ソーシャルセクターと協働した取組みも非常に多くなってきました。

2010年に国際標準化機構が発行した国際規定(ISO26000)では、消費者、政府、産業界、労働、NGO・NPO、SSRO(サービス・サポート・研究・学術及びその他)によるマルチステークホルダーアプローチが採用されており、これは「社会的責任が様々な組織が協力することによって果たせる」ことを示唆しています。また、2011年にジョン・カニアとマーク・クラマーが定義したコレクティブインパクトでも「複雑化する社会的課題を解決するには行政、企業、NGO・NPO、学校などの連携が必要」と提唱しています。

放課後NPOアフタースクールはすでに行政、学校、地域などとの繋がりを
全国規模で広げてきており、
そこに企業の力が加わることで社会的課題に向き合えます。

放課後NPOアフタースクールは
すでに行政、学校、地域などとの繋がりを
全国規模で広げてきており、
そこに企業の力が加わることで
社会的課題に向き合えます。

担当者より直接ご説明し、ご質問いただける場もご用意しています

オンラインなので全国からお気軽に

企業向けオンライン説明会

パートナーシップの具体的な進め方やプログラムに関しての詳細などをご説明させていただき、ご質問にお答えします。
企業の皆様にご参加いただきやすい時間帯にオンラインで実施していますので、全国からお気軽にご参加いただけます。

※写真はイメージです。実際はオンラインで実施します。

ご参加には事前申込みが必要です。
以下の詳細ページからお申し込みください。

開催
予定

まずはお気軽にお問い合わせください!

Contact us活動にご関心をお持ちの企業の皆様へ

お問い合わせフォーム