Blog活動ブログ

【感動体験プログラム】「歌おう!おどろう!みんなでミュージカル」届け、響け、みんなの元気パワー!

企業協働

こんにちは!学生インターンの榎本です。 

2021年3月23日(火)、3月30日(火)の2日間、埼玉県の杉戸町立泉放課後児童クラブにおいて、ソニー感動体験プログラム歌おう!おどろう!みんなでミュージカル」をオンラインで実施。約16名の子どもたちが参加しました。 

今回のプログラムでは、プロのミュージカル講師、蜂須みゆ先生と踊りやセリフの練習を行いました。2日目のプログラムの最後には発表会を実施し、学童の先生、オンラインで見学した大人などを前に練習の成果を披露しました。 

 

感動体験プログラムについて 

「歌おう!おどろう!みんなでミュージカル」について 

 

 

1日目、画面越しで講師のみゆ先生と初対面。子どもたちは、初めて会うプロの講師に緊張しながらも、プログラムの日を楽しみにしていたようです。最初からエンジン全開。準備運動から興奮が止まりません。

 

まずは、ダンスステップの練習から始まります。慣れない動きに悪戦苦闘する子どもたち。何度も先生の見本を見て、徐々にうまくなっていきました。ターンの練習にも挑戦しまが、1周で止まりきれずくるくると回ってしまいます。みゆ先生から、「ダンスは動くこと(動)だけではなく、止まること(静)を表現することも重要だから、ピタッと止まろう!」とアドバイスを受けますが、なかなかうまくいきません。 

 

2日目、待ちに待った発表会!と、その前に全体の流れをおさらいしま。2日目も、1番の課題はダンスの「静」の部分を表現することのようです。発表会ギリギリまで何度も先生と練習する子どもたち。みゆ先生からのアドバイスと練習を重ねたことによって、ピタッと止まれるようになっていきましたみゆ先生に褒めてもらえたことで、子どもたちの士気が一層高ました 

 

最後の仕上げにセリフを交えて練習します。一人ずつ、ポーズと一緒に気持ちを込めてセリフを言っていきます。ここでは、みんなで揃えて言う「おいしそうだなぁ」合わせるのが難しい様子。先生からのアドバイスを受けて、だんだんと揃っていく様子を見た際には、たった2回のワークショップの中でも子どもたちの成長を感じることができました。 

 

ついに発表会が始まりました!みゆ先生からスタートの合図がかかると、子どもたちはまるで「プロ」のような顔つきに。大勢の観客を前に、最初から最後まで集中して、1つ1つのダンスやセリフを丁寧に披露していきます。何度も練習したピタッと止まる動作。本番が1番きれいに決まりました! 

 

子どもたちの発表を見た観客は感動が止まりません。何度も先生から「動と静」の重要性について教えてもらった子どもたち、そのアドバイスを本番ではしっかり表現することができました。 

 

みゆ先生からは「セリフもダンスも1番上手くできていたよ!!オンラインでここまでできたことは先生の自信に繋がりました。」とメッセージをもらいました。子どもたちも「ダンスをやったことなかったけれど楽しかった!」と大満足の様子でした! 

 

今回、新型コロナウイルス感染症の影響により完全オンラインでミュージカルワークショップを実施しました。画面越しでも、子どもたちの「元気パワー」と「先生からのアドバイスを1つ1つ聞き取り組む姿勢」がしっかり伝わってきたことで、楽しいプログラムにすることができました。ワークショップでの経験が、子どもたちの可能性を引き出すきっかけになれば幸いです。 

 

 

埼玉県杉戸町立泉放課後児童クラブの子どもたち、学童スタッフの皆さん、ありがとうございました! 

 

実施場所/埼玉県杉戸町立泉放課後児童クラブ 

実施日時/20223月23日〜3月30日 

参加者数/小学生約16名 

文:榎本/学生インターン 

Recently最新の記事