Blog活動ブログ

【食】みんなのために作る豆乳プリン&パフェ@ 西宮市

こんにちは!学生インターンの日比野です。
2020年を迎え、気持ちを新たに頑張っていきたいと思います。

2019年関西での最後のプログラム活動は、西宮市での食育プロジェクト!
この日はクリスマスの翌日ということで、今回はちょっと特別なプログラムです。

もう冬休みに入っているにもかかわらず、9人の3、4年生の子どもたちが参加してくれました!
教室に入るなり「こんにちはー!!」とパワフルな挨拶をしてくれた子どもたち。一目散に机の前に座り、早速プログラム開始です。
今回講師をしていただいたのは、不二製油株式会社の三田さんです。

まずは子どもたちに動画を見てもらい、世界の食糧問題や環境問題について学びます。
その後、先生のレクチャーで、大豆は牛を育てるより少ない量の水で育つこと、様々な料理に変身できること、大豆がどのように地球の問題を解決してくれるのかを学びました。

大豆の力を学んだところで、いよいよ大豆おやつ作り!今回は豆乳を使ってココアプリンを作ります。子どもたちに豆乳のイメージについて尋ねると、ある子は「あまりおいしくないイメージ・・・」と返してくれました。果たして、豆乳でおいしいプリンは作れるのでしょうか・・・?

材料が目の前に用意されると、子どもたちの目がぱっと輝きます。
まずは、砂糖とココア、ゼラチンを袋の中で振り混ぜます。粉が袋の外にこぼれないように、みんなで協力して慎重に、慎重に・・・


続いて、混ぜた粉をボウルに入れます。スタッフの手で熱湯を注ぎ、ダマにならないように子どもたちがよーくゴムベラで混ぜていきます。こちらもこぼさないように慎重に、慎重に・・・

いよいよ豆乳を混ぜていきます。混ざる様子を見て「綺麗!」と歓声を上げる子ども達。交代交代で混ぜる子どもたちの様子が印象的でした。

豆乳プリンを冷やし固めている間に、1、2年生へのクリスマスプレゼントとして、特別に豆乳パフェ作りです!みんなパフェも作れると知ってとても喜んでくれました。

パフェ作りは、グラノーラの上に豆乳で作られたホイップクリームを絞って、チョコスプレーでかわいらしく仕上げるのですが、初めてホイップする子も多く最初は苦戦している様子。「難しい~」「綺麗にできない・・・」という声も聞こえてきます。
でも、いくつも作っている間にだんだん上達してきたようで、1・2年生のために何度も何度もホイップ絞りをしてくれました。

パフェを作り終えたところで、プリンがどうなっているのかみんなで確認します。
ぷるんと固まったプリンに、子どもたちは興味津々でのぞき込んでいました。取り分けていく場面では「6人分をどうやって分けよう?」と子どもたち同士で考えている姿も見られました。

今回は、取り分けた豆乳プリンの上にも、豆乳ホイップを絞る特別バージョンです。自分達のプリンも飾り付けができると知って、さらに大喜びの子ども達。

「いっぱい入れよ~!」とみんな思う存分にホイップを絞っていました。

出来上がったプリンを見ると、プリンが見えなくなるぐらいてんこ盛りのホイップが!

豆乳プリン作りが終わったところで、今日のおさらいです。
大豆は少ない水で育つこと、たんぱく質が豊富であること、色んな料理に変身できること、子どもたちはしっかり覚えてくれていました!

学童のみんな全員で豆乳プリンと豆乳パフェを食べるために、1、2年生と合流です。果たして、豆乳ココアプリンはおいしくできたのでしょうか?そして、1、2年生は喜んでくれるでしょうか?

3、4年生自ら、同じ班の1、2年生に豆乳パフェを手渡していきます。
食べる準備が整ったところで皆で「いただきまーす!」
「味はどう?」と聞いてみると、子どもたちが口々に「おいしい!」と感想を言ってくれました。豆乳が苦手だと言っていた子も、ぺろりと完食。子どもたちは、自分たちで作ったおやつを最後の一口まで味わっていたようです。
1、2年生の子どもたちも、パフェに目をキラキラさせながら「おいしい」と食べてくれました。その様子に、3、4年生もとても満足そうでした!

プログラム後のアンケートには、「みんなに食べてもらって、笑ってもらえたから楽しかった!」という嬉しい感想を書いてくれていました。
帰り際にレシピを手渡すと、「レシピほしい!これでまた作れる!」との声も!是非今度は保護者の方のために作ってあげて欲しいです。

日常の中で、地球の環境を意識して大豆を食べたりすることはあまりないかもしれません。今回のプログラムを通して、日常の中でふとしたときに地球の環境や食糧のためにどうするべきか、考える視点をもつことができるきっかけになればと思います。

参加してくれた子どもたちや先生方、不二製油の三田先生、ありがとうございました!

「食育プロジェクト」特設サイトを見る

Recently最新の記事