Blog活動ブログ

【食】10/26(水)食育プロジェクト!「地球環境と私たちの食」@大阪市平野区を実施しました!

食育プロジェクト、今年度5回目の出前授業を大阪市平野区長吉東小学校「いきいき」教室(※)にて実施いたしました!
当日の様子を放課後NPO関西事務所の岩佐がお届け致します。
(※)「いきいき」とは大阪市が実施している児童いきいき放課後事業の愛称です。放課後の活動場所として小学校を利用し、「一緒に遊びに熱中する」という体験を通してこどもたちが成長する場となっています。

今年度、3カ所目の「いきいき」教室での出前授業です。
実施するのは、自分たちの食と社会とのつながりを、カードゲーム等を通して学ぶ「地球環境と私たちの食」プログラムです。
通常3年生以上を対象に実施をしているのですが、学童や放課後子ども教室には1,2年生が多い現状を踏まえ、低学年の子どもたちにも学びの機会を届けたいと思い、今年度はトライアルで低学年の子どもたちにも参加してもらっています。

さぁ、長吉東小学校「いきいき」での授業はどんな感じになるでしょうか!?
総勢50名近くの子どもたちが教室に集まり、授業がスタートしました!

本日の先生は、不二製油の堤さん。
だんじり祭りが大好きな、お父さん先生です!
%e2%91%a0%e6%8e%88%e6%a5%ad%e9%96%8b%e5%a7%8b

不二製油さんのご紹介をいただいた後、世界の食事情について堤先生にお話いただきました。
%e2%91%a1%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e6%83%85

国ごとに色が塗られている世界地図が映し出されます。
「知ってる国あるかな?」と先生。
子どもたちからはアメリカ、中国、ベトナム、ロシア、、、、など沢山の国の名前があがりました。
「アメリカは緑色だね」「ベトナムあたりはオレンジ色だね」と堤先生はみんながあげてくれた国が何色に塗られているか地図上の位置を示しながら教えてくださいました。
いったいこの色の違いは何でしょうか??

ある女の子から「食べれているかどうかの違い」といった意見があがりました。
「そうなんです」と先生。
日本やアメリカ、ヨーロッパのあたりは緑色。
緑色はその国の人たちがおなかいっぱい食べれていることを表わしています。
アジアやインド、アフリカ地域は茶色やオレンジ色。
茶色やオレンジ色はおなかいっぱい食べれず栄養不足になっている人が多い事を表わしています。

%e2%91%a2%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e6%83%85%ef%bc%92

その後先生から、ご飯が食べられずに5歳になるまでに命を落としてしまう子どもたちが世界では年間500万人ほどいることを教わりました。
とてつもない数字の大きさに、子どもたちは驚きを隠せません。

そんな子どもたちにこんな質問をしました。
「世界中の人がおなかいっぱい食べれるようにするにはどうしたらいいと思う?」

・お金が必要だと思う
・お金がある国からない国へあげたらいいと思う
・食べ物をたくさんつくったらいい
・食べ物がたくさんあるところから無いところへ分けたらいい
といった意見が出ました。

飢餓問題を解決するために、今も世界中の大人が取り組んでおり、解決策は1つではないことなどを伝え、解決策の1つとなる「あること」について学ぶために全員で献立(メニュー)づくりのカードゲームを行いました。

%e2%91%a3%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%91
主食カード、おかずカードから自分が好きなものを食べられる分選び、今夜の夕飯のメニューを1人ひとりが考えます。
%e2%91%a4%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%92
「そんなに食べれるの?」
「え、そんだけでいいの?」
「肉ばっかりじゃん!」
子どもたちは初めて見るカードに大盛り上がり。
各チームから色々な声が聞こえてきました。

カード1枚1枚には、それぞれ数字が書かれていますが、その数字が何を意味しているのかは今は秘密です・・
%e2%91%a5%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%93
メニューが完成したら、選んだカードにかかれている数字を足し合わせます。

全員が計算を終えた後、一番大きな数字になった子・小さな数字の子にメニューを発表してもらいました。
大きな数字の子は「からあげ、肉じゃが、ハンバーグ、豆腐ハンバーグ、生姜焼き、、、、」と、おいしそうなお肉系のおかずがたくさん!
小さな数字の子は「ご飯とマーボー豆腐」とこれまたおいしそうな組み合わせ!

発表の後は、いよいよカードに書かれている数字の正体が明かされます。
「カロリー??」
「おなかいっぱいになるかかな?」
子どもたちの予想はあたるでしょうか!?
%e2%91%a6%e5%9c%b0%e7%90%83%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc
「正解は、そのおかずができあがるまでに使われた地球のエネルギー(水)です」
先生からの発表にどよめきが起きました。
続けておかずカードの中には、1~9の一桁のおかずが何種類かあり、そのすべてのおかずに「大豆」が使われていることも発表されました。
少ない地球エネルギーで大豆はお肉よりもたくさんの量を生産することが可能だそうです。
世界中の人がおなかいっぱいになる方法のひとつとして、”少ない地球エネルギーでたくさんつくれる大豆を使った料理を食べる”方法があることを教わり、ゲームは終了となりました。

%e2%91%a8%e3%83%93%e3%83%87%e3%82%aa%e9%91%91%e8%b3%9e
最後に今日学んだ世界の食事情と大豆のチカラについてのおさらいビデオを見ました。
そして先生から「今日みんなで学んだことをお家の人や友達と話してみてね。そしてお肉やお魚も食べながら、時々大豆の料理も食べてみてね」というメッセージをいただき授業は終了となりました。

長吉東小学校「いきいき」教室の元気な子どもたちとの授業はとっても楽しかったです!
ご協力いただきました先生方、ありがとうございました!!

給食やお家のおかずに「大豆」を見つけたら、今日のことを思い出してほしいなと思います。

「食育プロジェクト」特設サイトを見る

Recently最新の記事