Blog活動ブログ

【食】10/17(月)食育プロジェクト!「おやつづくり編」「授業編」@泉佐野市を実施しました!

食育プロジェクト、出前授業を泉佐野市立第三小学校にて実施いたしました!
当日の様子を放課後NPO関西事務所の藤本がお届け致します。

この日は、2部構成で「大豆を使ったおやつ作り編」を1年生と、
そして、「献立作りから世界の食糧問題を学ぶ授業編」を4年生と3年生合同で実施しました。

まずは、1年生と一緒に「おやつ作り編」から。

本日の先生は、不二製油の澤井さんです。

先生の自己紹介から、始まり、豆乳プリンを作る前に、
世界の食糧危機や大豆についてのお勉強をしました。

1年生のみんなには、難しい言葉も多かったので、
しっかり理解してもらえるか、ちょっと心配でした。

でも、澤井先生の解説をとても真剣に聞いて、頷いてくれる子供たちの表情に、
その心配もすぐに吹き飛びました!!
%e5%9b%b3%ef%bc%91%ef%bc%91
お勉強の後は、お楽しみの豆乳プリン作り。
「協力しよう」「分け合おう」「たいせつに」という3つのお約束をして、開始しました。
%e5%9b%b3%ef%bc%91%ef%bc%92
待ち遠しい様子で、準備された材料を見つめている様子もとても可愛いです。

おやつ作りが開始すると、それぞれの班で、順番を決めたり、係を決めて協力し合ったりと、
お約束をしっかりと守ってくれるこどもたちの姿!!!
%e5%9b%b3%ef%bc%91%ef%bc%93
途中、プリンが固まるまでに行ったおさらいクイズも、
積極的に手を挙げてくれて、たくさんの子供たちが答えてくれました。
見事、全問正解~
内容をしっかり理解してくれていることが分かって安心しました。

最後はみんなで笑顔で、楽しく食べて、なんと!お片付けもバッチリ!
1年生とは思えない動きに、驚きました。

アンケートも一生懸命書いてくれて、ありがとう~
お土産に渡した豆乳プリンのレシピも喜んでくれて、嬉しかったです!
%e5%9b%b3%ef%bc%91%ef%bc%94

*********************************************

続いて、4年生の教室へ。
こちらでは、4年生と3年生合同で、「世界の食糧問題などの解決策を学ぶ授業編」です。

授業は、「昨日の夜ご飯に何を食べましたか?」という質問から始まります。
たくさんの子供たちが、手を挙げて、答えてくれました。
%e5%9b%b3%ef%bc%97
そして、「おなかいっぱい食べれた人?」という質問にも、
たくさんの手が上がりました。

しかし、世界に目を向けると、
「ご飯が食べられずに5歳になるまでに命を落としてしまう子どもが、
 世界には毎年500万人もいます。」
という事実が、澤井先生から告げられます。

想像以上の数字に、言葉を失っていましたが、
「世界の皆が全員お腹いっぱいになるにはどうしたら、いいですか?」という
質問にみんな悩みながら、手を挙げてくれました。

「たくさん食糧が作れた国から分けるといい」
「戦争がなくなって、平和になるといい」
など、いろんな意見がでました。

本日の授業では、その問題を通して、解決策の一例をみんなで考えていきます。

まずは、みんなのテーブルに食糧カードを配り、夕飯を考えてもらいました。
%e5%9b%b3%ef%bc%99
みんな思い思いの献立に、とっても盛り上がって楽しそう。
ちょうど給食前の時間で、「お腹空いてきた~」という声も聞こえました~

次に各グループから、カードに書かれていた“秘密の数字”の合計で、
一番大きな数字と小さな数字の献立を発表してもらいました。

実は、この数字は、 “地球エネルギー”をあらわしています。
数字が大きいほど、食卓に料理が出るまでに使われている地球エネルギー(この場合は水)の量が多いのです。
%e5%9b%b3%ef%bc%91%ef%bc%90
お肉料理は、数字が大きく、
大豆を使った料理は、数字が小さいことに気付きます。

同じ地球エネルギー(水)の量で、大豆は牛肉の8倍もの量をつくれるのです。

世界中の人がおなかいっぱい食べれるようにする1つの解決策として
”大豆が使われているご飯を食べる”という方法があることを勉強しました。

「今日、学んだことを、家族やお友達にも伝えて、
 世界の食糧危機のことも考えるきっかけにしてください」
と澤井先生から、お伝えし、授業は終了です。

第三小学校の1年生、3年生、4年生の皆と一緒に勉強できて、とっても楽しかったです!
たくさん発表もしてくれてありがとう!
今回の授業のことを、たくさんの人とお話してくれると嬉しいです。

ご協力いただきました第三小学校の先生方、ありがとうございました!

「食育プロジェクト」特設サイトを見る

Recently最新の記事