Blog活動ブログ

【食】8/18(木)食育プロジェクト!「地球環境と私たちの食」@大阪市此花区を開催しました!

こんにちは、インターンの谷口です!

今回初、大阪での授業の
サポートに行って参りました!

8月18日(木)、大阪にある此花区島屋小学校「いきいき」で、
行われた食育の授業風景をお伝えします。
参加してくれたのは男女合わせて32人の元気いっぱいなこどもたち!
部屋に入ってくるとみんな元気にあいさつしてくれました。

そして・・・
今回講師をしてくださったのは、不二製油のベテラン社員、本郷晋一さん!

IMG_0604

1ばん最初に、「昨日の晩御飯は、何を食べましたか?」と司会から
こどもたちに投げかけられ、何人かが答えてくれました。

次に、「では、昨日のご飯をお腹いっぱい食べた人?」という質問。
これには、ほぼ全員の手があがりました。

するとスクリーンに世界地図が映し出されました。

世界全体で見てみると、9人に1人は十分な
ご飯を食べることができていないというのです。

スクリーンを見ていた子ども達の顔が真剣な顔つきになりました。

ならば「どうすれば世界の人たちみんながご飯をお腹いっぱい
食べられるようになるかな?」という質問に、

「日本から食料を送る!」

「世界で分け合う。」

という意見が出ました。
しかし、、みんなが簡単に取り組める方法があるとのこと。

これを先生と一緒に考えていくためにカードゲームを行いました!

様々な料理がかかれたカードを自由に組み合わせて献立を作ります。
 約束は、自分が食べられる量を選ぶことと、主食とおかずが入っていること。

「これ食べる!」「ヘルシーに…」と子ども達はカードを選ぶのに夢中になっていました。

IMG_0622

IMG_0623


選んだカードに書かれた数字の合計をたして、
班の中で数字を比べたり献立を比べたりしました。

そして全8班、班に1人、1番合計数字が大きくなった人、
小さくなった人に発表してもらいました。

なんと、1番大きい数字は192。1番小さい数字は17でした。全然違いますね!!
そしてそしてこの数字は、何を表していたかというと・・・
食事を作るのに必要な、「地球エネルギー」を表していたのです!


例えば数字が大きかったハンバーグ。
ハンバーグを作るためには、牛の肉が必要、牛を育てるためには餌が必要、
エサを作るためには水が必要・・・
 と、かなりの地球エネルギーが使われているのです。

しかし、小さい数字だったカードには共通してあるものが使われていました。

「気付いた人いるかな・・・・・」という問いかけに、


「大豆」という答えが!


ビンゴ!!!!!


そう、小さい数字のカードには共通して大豆が使われていたのです。
大豆は少ない地球エネルギーでつくることができるのです。

最後に食にまつわるビデオを見て、クイズ形式でおさらいをしました。

大豆を食べると骨が丈夫になったり、たんぱく質がとれたり、
少ない水や肥料で作ることができる。などなど・・・

IMG_0673

今まで手があがらなかった子たちもどんどん手があがり、クイズに答えていました。

最後に本郷先生は、みんなが大豆をたくさん食べることが、
 世界のひとたちが十分なご飯を食べられるようになることの1つの方法だと教えてくださいました。

IMG_0677


授業後にアンケートを真剣に書いているこどもたちを見て思いました。
そのアンケートには、
地球のために、自分ができることとして、
「大豆をたくさん食べる」
「大豆を育てる」

という意見が。
大豆の授業を通して、

自分が食べるもの、世界の食のこと、考えるきっかけが作れたのではないかと思いました!

友だちと、家族とたくさん今日の授業のお話をして
「食」について、「世界」について、「大豆」についてもっと興味関心をもってくれるといいなと思います!

——————
「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool
—————–

「食育プロジェクト」特設サイトを見る

Recently最新の記事