Blog活動ブログ

【食】7/27(水)食育プロジェクト!「地球環境と私たちの食」を 開催しました!

こんにちは、インターンの谷口です!

7月27日(水)に、大田区にある洗足池小学校で食育の授業を開催しました!
参加してくれたのは男女合わせて13人の子どもたち。

当日の様子についてお知らせする前に今回実施した「地球環境と私たちの食編」は何を目的としているのか、をお伝えします。
食育プロジェクトは、こどもたちに「食のよろこび」「食のつながり」を子どもたちに伝えたいという思いからうまれたプロジェクトです。
地球環境と私たちの食編では、特に下記3つをこどもたちに伝えることを目的としています。
①世界の食糧問題を学び、自分の食と社会とのつながりを考える
②大豆が多種多様な食品になることを知る
③大豆は人にも地球にも優しい食材であることを体感する

それでは、当日の授業風景を見ていきましょう!
今回講師をしてくださったのは、不二製油の清原さん!

IMG_7368

まず、「昨日のご飯をお腹いっぱい食べた人?」というスタッフの
質問に、全員の手があがりました。

IMG_7366

では、世界を見てみると、どうでしょう。
なんと、9人に1人は十分なご飯を食べることができていないというのです。

ならば「どうすれば世界の人たちみんながご飯をお腹いっぱい
食べられるようになるかな?」という質問に、

「募金!」など積極的に答える子も。
募金ももちろん1つの手、しかし、、もっともっと
みんなが簡単に取り組める方法が・・・・

これを先生と一緒に考えていくためにカードゲームを行いました!

様々な料理がかかれたカードを自由に組み合わせて献立を作ります。
約束は、自分が食べられる量を選ぶことと、主食とおかずが入っていること。

選んだカードに書かれた数字の合計をたしたみて・・・・

IMG_7379

IMG_7378

班の中で数字を比べて、1番合計数字が大きくなった人、小さくなった人に発表してもらいました。
大きい数字になってしまった子は、1枚のカードの数字も大きいものが多かったり
量が多かったり。合計数字が小さい人はその逆でした。

そしてそしてこの数字は、何を表していたかというと・・・
食事を作るのに必要な、「地球エネルギー」を表していたのです!

例えば数字が大きかったハンバーグ。
ハンバーグを作るためには、牛の肉が必要、牛を育てるためには餌が必要、
エサを作るためには水が必要・・・
と、かなりの地球エネルギーが使われているのです。

しかし、小さい数字だったカードには共通してあるものが使われていました。

IMG_7398

それは、「大豆!!!!!!!!!!!」

大豆を作るのには、少ない地球エネルギーですむのだそうです。

最後に食にまつわるビデオを見て、クイズ形式でおさらいをしました。

大豆を食べると骨が丈夫になったり、たんぱく質がとれたり、
少ない水や肥料で作ることができる。
みんな大好き納豆も大豆!枝豆も大豆!
こどもたちはしっかり答えることができていました!

清原先生は、みんなが大豆をたくさん食べることが、
世界のひとたちが十分なご飯を食べられるようになることの1つの方法だと教えてくださいました。

自分がふだん食べているものと向き合ったり、食べたいものを考えたり、
この授業を通して当たり前のように食べていた食事について、世界についてちょっと考えてみる、、
そんなきっかけが作れたのではないかと、授業後にアンケートを真剣に書いているこどもたちを見て思いました。

友だちと、家族とたくさん今日の授業のお話をして
「食」について、「世界」について、「大豆」についてもっと興味関心をもってくれるといいなと思います!

——————
「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。
よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool
Twitter:@npoafterschool
—————–

「食育プロジェクト」特設サイトを見る

Recently最新の記事