Blog活動ブログ

【文化】立川こしらさん放課後に登場!

みなさま。

連日の2号登場です。

本日はお待ちかね、落語プログラムです!!

市民先生は立川こしらさん。
http://daipuro.com/dp/kosira

Dsc02137

オールナイトニッポンなどラジオにもご出演されています。

さて、始まりましたプログラム。

「落語を見たことある人?」

あまり多くありませんね。これも時代のせいか??

では、まず正座について。

「なぜ落語家は正座をするのか。正座しないとお客さんに失礼だからですね。」
「しびれないようにするには少しずつ動くのがコツですね。」

次に落語のルール。
「1人で何人もの役を演じながら物語を話す、これが落語のルールですね。」

Dsc02117

と文章で書くとこんな感じで始まりましたが、所々子どもたちの話しかけや意見
にこしらさん、丁寧にツッコンでやりとりをしていきます。

とても親しみやすい方です。

いよいよ先生の落語見本です。

まずは礼で始まります。

Dsc02113

Dsc02114

「隣に囲いができたんだって。」 「へぇ~」

子どもたち「・・・」

意味がわかっていません。。。

これが一番短い“落語”だそうです。

さて、子どもたちにも挑戦してもらいましょう!!

お題の落語はコチラ。

「おれ、こんな大きなねずみを捕まえたんだ~」
「え、小さいよ」
「いや、大きいよ」
「いや、小さいよ」
「いや、大きいよ」
「いや、小さいよ」
「いや、大きいよ」
「中でねずみが“チュー”」

1人2役です。

さて、順番に子どもたちが挑戦!

Dsc02127

言っている本人が笑っちゃってます[E:coldsweats01]
前でずっこけている子も。

うまく見せるコツは、

1、ちゃんと右と左を向いて、相手がいるように話す
2、下を向かないでお客さんの頭の上くらいを見る

Dsc02129

恥ずかしくて!
やはりみんなの前で一人で話すのは緊張しますね。

さて、ならば、と2人で「大きい役」「小さい役」に分かれて挑戦。
今度はさっきより恥ずかしくないかな?

ちなみに真ん中にいる子は「チュー」役。

Dsc02130

ここでサプライズゲスト!

本日「新ニッポン探検隊」の撮影でこちらに来ていた、
日本テレビのアナウンサー、藤井アナが落語を披露してくれました!!

Dsc02133

子どもたちも真剣に聞き入っておりました。

こしらさんには本日2クラス受け持っていただきました。

2クラス目も元気に落語プログラム。
1人落語も挑戦してくれました!

Dsc02138

Dsc02138_2

立川こしらさん、本当に楽しい時間をありがとうございました!

ぜひぜひまた来てください!

Recently最新の記事