0%

2020年プログラミング教育に向かう

プ ロ グ ラ ミ ン グ の 旅

a programing odyssey

scroll

About「プログラミングの旅」とは?

子どもたちの自由な発想とIT技術のコラボレーション!
1度きりの体験ではなく、学んだことを生かして次のステップに進む成長型のプログラムです。
アイディアと知識で近未来体験をしましょう!

プログラミングって身近でおもしろい!!

生活に身近な「料理」「学校」などを題材に、
はじめての子も女の子も誰でもプログラミングの面白さを伝えます。
また、グループで楽しくミッションを
解決しながら学べる内容は子どもたちの探究心を育みます!

プログラムの特徴

  • 小学3〜6年生のためのプログラム
  • 機材などの準備は不要
  • 授業でも放課後の時間でも開催可能!
  • すべて無料でお届け!

先生たちのミカタです!

2020年からの小学校プログラミング必修化に備え、
はじめてプログラミングに触れる先生と子どもたちに向けてお届けします。
実は私たちの生活の中にあふれているプログラミング。
身近なものを例に、先生だけでも授業ができるようになっています!

Programプログラム

「プログラミングの旅」では、初級と応用の2つのステップを用意しており、各ステップごとにタブレットを使わずに
ゲーム形式でプログラミング的思考を学ぶ「アンプラグド編」と
タブレット等を使って実際にプログラミングにチャレンジする「デジタル編」をセットで実施します。

※ Step2から実施することも可能です。

Step 1 初級 はじめてのプログラミング

プログラミングって何?どんなところで使われてるの?
知ってるようで知らない、遠いようでとっても身近なプログラミングの世界を体験します。

詳しく見る

放課後NPOアフタースクールが開発したアプリ、
「はらぺこ ホットドックトラック」を使用します。

App Storeからダウンロード

Step 2 応用 身近なモノでプログラミング!

テーマ:「学校」

毎日を面白くしたり、楽しくするためにどんな風にプログラミングが活用できるかを考え、
実際にMESH*を使ってプログラミングをして形にします。

詳しく見る
MESH
MESH(メッシュ)とは?

身近なものとセンサーやスイッチなどの機能を組み合わせ、プログラミングすることで、さまざまなアイデアを形にできるツールです。

Voiceみなさんの声、集めました

next prev
  • Reportこれまでのレポート

    「プログラミングの旅」は、関東を中心に様々な小学校・学童・放課後子ども教室等で開催しています。
    ぜひ、プログラムの様子をご覧ください。

    詳しく見る

    Partnerご一緒くださるパートナー企業の皆さま

    「プログラミングの旅」は、パートナー企業の皆さまと放課後NPOアフタースクールが
    共同開発しました。

    私たちが運営しています!

    年間で15万人以上の小学生に
    体験型社会教育プログラムをお届けしています。

    私たちは日本の小学校の放課後改革に挑戦し、安全・安心な預かりと本物・多様な体験が両立するアフタースクールを展開しています。子どもたちには「自己肯定感」「チャレンジ意欲」の向上を、保護者の皆様には「小1・小4の壁」の解消を目指しています。 また、週末には、様々な企業・行政等と連携し、子育てプロジェクトを展開しています。 これまで、500種類以上のプログラムを生み出し、年間15万人以上の子どもが参加してくれます。これからも「子どもたちの望む放課後の世界」を社会や地域の力をお借りしながら実現させていきます。

    放課後NPOアフタースクール https://npoafterschool.org/

    How-to授業の導入方法

    「プログラミングの旅」は以下の3つの方法で導入いただくことができます。

    ¥0すべて無料です!

    ※授業で使用するiPad等の機材の貸出に関してはお問い合わせください。

    授業への導入をご検討いただける方には個別にご相談させていただいております。
    また、実際の授業のご見学や、小学校の先生方へワークシートや教材の無償提供も
    実施しておりますので詳しくはお問い合わせください。お気軽にお問い合わせください

    「プログラミングの旅」事務局お電話、またはフォームからお問い合わせください。