特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

アフタースクールの取り組みが、グッドデザイン賞を受賞しました

アフタースクールのプログラム紹介

「表現」のプログラム

創造性を思う存分発揮しよう!

描いたり、作ったり、体を使って表現したり。
自由に作り、思い切って表現することは子どもたちの感性を大いに開放します。
「アウトプット」することはアフタースクールの全てのプログラムで大切にしています。

例えばこんなプログラム

  • ダンス

    コンテンポラリー・ヒップホップ・タップ、またチアリーディングまで、様々なダンスを行います。子どもたちが力を合わせて練習し、最後の発表で結実するのはいつ見ても素晴らしいものです。

  • アート

    絵画・染色・彫刻・陶芸など様々なものに挑戦します。時にはみんなで力を合わせて大きな作品を作ります。思い切り子どもの創造力を伸ばしたいと思います。

  • ものづくり

    木工、鉄道模型、皮細工など、色々なものづくりに取り組みます。地域にはものづくりの達人がいっぱいいます。たくさんのものづくりの達人たちの技を授かりながら、みんなで色々と作ります。

  • デザイン

    デザインはキレイな絵や線を描くだけではありません。その本質にあるのは「課題を解決すること」「自分の考えを伝えること」「人を喜ばせること」そんな本質に迫ることの出来るプログラムをいつも目指しています。

  • マンガ

    マンガを描くことは、実はとても勉強になります。構成や構図、時にはプロの漫画家さんにも来てもらい、どんどん描きましょう。

  • 映像

    映像を作るのが上手な大人がたくさんいます。一緒になって子どもたちが映像づくりに挑戦します。学校を紹介する、地域のニュースを伝える、色々な映像を作って発表しましょう。

Episode

「絵にうまい下手なんてない、みんないいんだ」

イラストレーター 黒田 征太郎さん

スタッフより

黒田さんは日本のイラスト会を引っ張ってきた人物です。そんな黒田さんは「絵に上手下手なんてない」「俺なんかずっと練習してるよ」と仰って子どもにどんどん描くように勧めます。「同じ作品なんてふたつとしてない、だからどれも素晴らしいんだ」とも仰っていました。黒田さんはアートを通じて、「みんなちがってみんないい」の精神を伝えたかったと仰います。アフタースクールでは市民先生に「1つだけ。子どもたちに最も伝えたいメッセージは何ですか?」と聞き、プログラムを組み立てます。みなさんだったらどんなメッセージを子どもに伝えてくれるでしょうか。

Blog

表現のプログラムの活動日誌ブログ

2016年12月14日 アフタースクール

【プログラムチーム】youtuberになろう!in 湘南学園小学校アフタースクール

  こんにちは! プログラムチームより、先月ホットだった企画について紹介いたします! 先月の11月1・15日、 湘南学園小学校アフタースクールの子どもたちにプログラムを届けて参りました。 その名も、「youtuberになろう!」 いま、小学生に将来の夢を聞いてみると、「youtuberにな...

2016年11月10日 スタッフブログ

【表現】ジオラマでみらいのさいたま市を作ろう! in 鉄道博物館

こんにちは!学生インターンの須田です。 11月5日(土)と6日(日)の2日間にわたり開催された、 「さいたまトリエンナーレ2016連携イベント~ジオラマでみらいのさいたま市を作ろう!~」 のワークショップの様子をお届けします! 今回は、さいたま市内で開催されている芸術祭の「さいたまトリエンナーレ」と...

まずは、私たちのイベントに参加して
体験してみませんか?

百聞は一見にしかず。まずは私たちが主催する各種プログラムイベントに参加してみてください。

どなたでも参加できるプログラムをご用意しております。

参加できるイベント一覧を見る