放課後NPOアフタースクール 関西

放課後NPOアフタースクールのWEBサイトへ

アフタースクール、関西で!

放課後NPOアフタースクール関西について

自身の子どもが小学生になったことをきっかけに、放課後の課題を目の当たりにした岩佐麻弓は、
2015年、放課後NPOアフタースクールに入職。
東京で企業連携プロジェクトに従事した後、夫の関西転勤に伴い2016年4月に
放課後NPOアフタースクール関西を立ち上げる。
関西を中心に西日本の子どもたちの放課後を豊かで楽しいものにすべく、東京と連携しながら日々奮闘中。

活動内容

主に関西エリアの行政・企業様と子育てプロジェクトを企画運営。
将来的にはさらに地域と連携した活動を目指します。

スタッフ紹介

友達と思い切り遊べる放課後をすべての子どもたちに!

岩佐 麻弓(いわさ・まゆみ)※現在ボランティアとして活動中!関わり方は様々!関西こそフレキシブルに!

牡羊座AB型。2004年にリクルートに入社し、営業を中心に10年間在職。2008年に息子を生んだことをきっかけに子どもが持つ可能性の大きさと、環境が与える影響の大きさを目の当たりにし、子どもたちが色々な経験から自分の好きなことを見つけられる寺子屋をやりたいなと思い始める。縁があり2015年に放課後NPOに入職。家族で関西に転居したのをきっかけに2016年4月放課後NPO関西を立ち上げる。子どもたちが思いっきり遊べる放課後を世の中のアタリマエにすべく日々奮闘中!

放課後の思い出

今と変わらず本が大好きで、特に「冒険」「魔法」は心惹かれる2大ワードでした。父からもらった小さな手帳と鉛筆を常に持ち歩き、街で見かけたものをメモって少女探偵になりきっていました。中学校時代は吹奏楽に没頭し、高校はファッションに目覚め、大学は中古レコード屋さん巡りに明け暮れてました。振り返ると好きなことをとことん追求する放課後を過ごしていたようです。

五感を研ぎ澄ます体験を子どもたちに!「夢」を一緒に追いかけよう!

後藤 愛(ごとう・あい)

射手座O型。不二製油(株)のCSR部門にて、立上げから推進全般に丸7年間従事。CSRをこよなく愛する。自身が手掛けた「食育プロジェクト」において、パートナーとして見つけてきたのが、放課後NPOアフタースクール。子を持つ母として、子どもの社会課題を解決する仕事がしたいとの想いが強まり、2016年11月入職。私生活では2児の母。ヤンチャ男児の育児奮闘中。

放課後の思い出

小学校の放課後は、クラシックバレエ、ピアノ、水泳、そろばん、、、、と毎日習い事三昧。でも、一番楽しかった想い出は、友達と遊んだキックベースやドッチボール。「友達」と「運動場」で思いっきり体を動かし遊んだことが何よりの宝物。

子どもたちの未来に、たくさんの選択肢を!

藤本 絵理(ふじもと・えり)

獅子座O型。大学卒業後、リクルートに入社。約12年間、営業や企画を担当。退職後、サポートスタッフとして放課後NPOアフタースクールに携わる。そこで、子どもたちの吸収力や発想力に感動。幼い頃に数多くの経験や体験を積み重ねることによって、子どもたちは自ら未来の選択肢を広げることができる!と実感し、2016年9月入職。現在は、二人の息子たちからもアイディアをもらいながら、邁進中。

放課後の思い出

自宅は小学校から徒歩30秒。すぐさまランドセルを置き、近所の公園や裏山の秘密基地へ。思いっきり遊び、帰宅後は、さっきまで一緒に遊んでいた友達に交換日記を書く日々。たくさんのカラフルなペンを使って書くのが、とても楽しみでした。

放課後が充実することで、きっとみんな元気になれる!

占部 貴子(うらべ・たかこ)

岡山生まれ。芸術系大学を卒業後、アートスペースの事務局として勤務。子どもたちを対象にしたワークショップなどを経験するうちに、子ども側からみた芸術についても知りたくなり、学童指導員に転職。放課後の可能性にワクワクしながらも、自分の未熟さや制度の限界を感じていたときに、放課後NPOに出会う。子どもたちが充実した表情をしている写真をみて、ここだ!と直感し、2017年4月入職。

放課後の思い出

放課後は直帰して、ひいお婆ちゃんとテレビで相撲観戦の日々。ただ、一度だけ友だちと裏山に度胸試しをしに行ったことと、その時のドキドキは、今でもずっと覚えている大切な思い出。

お問い合わせ

関西エリアで当団体と行政・企業様と子育てプロジェクトを企画されたい方などは
お気軽にお問い合わせください!

kansai@npoafterschool.org