特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

アフタースクールの取り組みが、グッドデザイン賞を受賞しました

市民のみなさまへ

放課後を安全で豊かにしましょう。

学校・家庭だけで子育てをするのは非常に難しく、子育てには市民の力が必要です。
「社会全体で子どもを育てる」ために、ぜひみなさんの力をお貸しください。
私たちがみなさまのお気持ちを子どもたちに届けます!

アフタースクールを導入してほしい
小学校をお知らせください。

私たちはアフタースクールの取り組みを各地域の実情に合わせた形で広げていきたいと思っております。ご興味を持ってくださる方はぜひお声かけください。

市民先生になって
子どもたちにプログラムを提供してください。

放課後の先生は、市民のみなさまです。子どもたちのやってみたいこと、挑戦してみたいこと、ぜひ叶えてあげてください。そして、人生の先輩として子どもたちに大切なメッセージを伝えてあげてください。たくさんの市民先生と子どもたちの出会いを作っていきたいと思います。

運営ボランティア、インターンとして、
私たちの活動を支えてください。

子どもたちを応援する方、街づくりに興味がある方、将来はソーシャルな団体を立ち上げてみたい方、色々な動機でみなさんいらしています。子どもたちの世界をもっと豊かにするために、みなさんの時間や知恵や技術を私たちに少しお貸しください。みんなの「少し」が集まると本当に大きな力になるのです。

私たちの活動全体を支えるため、
みなさまのご寄付をお願いします。

個人の方は1口(月300円)から寄付が可能です。子どもたちの放課後を支えるためにぜひ皆様のご支援をお待ちしております。法人のご寄付も常に受け付けております。どうぞ皆様で放課後NPOを支えてくださると嬉しく思います。

市民の皆さまの声

  • 「小1の壁」を乗り越えることができそうです。

    N.Mさん お子さんを預けるお母さん

    子どもが小学校に入学するにあたって、仕事を続けながら、子どもを安心安全で、かつ楽しく学びあるところに預けることができないのかな、という悩みがいつもつきまとっていました。学校の施設を使って、色んなお友達とプログラムを、お兄さんとお姉さんたちとのびのびと楽しんでいる姿を見て安心しています。私たちの前に立ちはだかっていた「小1の壁」を乗り越える事ができそうです。

  • アフタースクールは保護者の強い味方です。

    A.Uさん お子さんを預けるお母さん

    私は普段仕事をしていますが、子どもがアフタースクールが大好きで、めいっぱい遊んでいるようで、とても良かったなと思っています。学校の宿題をきちんと見てもらえて、その後、子どもたちがやりたいプログラムを自分で選んで参加できる、そんなアフタースクールがあることが、親子にとって強い味方です。一流の方、色んな大人の方に触れ合う機会は、子どもにとって、とても貴重な体験となっています。

  • 子どもたちから学ぶこと、沢山あります

    金子 宗貞さん 市民先生

    私の大好きなお茶というひとつの道を通して、ひとを大事に、ものを大事にするおもてなしの心を学ぶ。でも教えようとしたら、子どもたちは元々その気持ちを持っているんだな、という発見がありました。また私自身、子どもと向き合うことで自らを見つめ直したり、教わることも多いです。元気ももらえます(笑)。とても楽しい日々をご一緒させて頂いております。

  • たくさんのお仕事経験を頂いています!

    川崎くん 学生インターン

    僕も教育に興味があり、子どもたちが色々な体験をできる場があったらいいなと考えて探していたところ、ぴったりの活動をしているこの団体を見つけて、説明会に参加しました。子どもたちとの現場が楽しいのはもちろん、事務や企画、企業への訪問、市民先生とのお打ち合わせなど、この活動ならではの多様な方々とお仕事がご一緒できて、貴重な体験をさせて頂いています。

  • 子どもたちの笑顔で、いつもさわやかな気持ちになります

    石原 勝年さん 運営ボランティア

    サラリーマンを退職して、これからの日本、これからの世界を創っていく子どもたちの何か役に立てることはないかと思って、ボランティアに参加しました。とにかく子どもは接していて楽しいですから、いつもさわやかな気持ちになれます。こちらがとても楽しませてもらっていますのですが、子どもが夢中になれる姿を見ていると、これでいいのかな、と。シニアで元気な方は沢山いらっしゃいます。とにかくこの活動は楽しく、やりがいも感じることができるので、ぜひボランティアに参加して欲しいですね。同年代の仲間が増えたら私も嬉しいです。